ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 市長の部屋

本文

市長の部屋

記事ID:0009532 更新日:2020年3月3日更新

嘉麻市長赤間幸弘の画像

嘉麻市長 赤間 幸弘
(あかま ゆきひろ)

ごあいさつ

嘉麻市ホームページ市長の部屋へようこそおいでくださいました。
平成26年4月23日から嘉麻市長に就任しました赤間幸弘です。
『嘉麻市に住みたい!』と思える『魅力あるまちづくり』を目指し、精一杯取り組みます。
嘉麻市は平成18年3月、旧山田市、旧稲築町、旧碓井町、旧嘉穂町が合併して誕生しました。福岡県のほぼ中央に位置し、遠賀川の源流を有する、緑に包まれた自然豊かな市であります。

嘉麻市の名の由来は、日本書紀巻一八・安閑天皇の条に鎌郡に屯倉(みやけ)(天皇・皇族の直接支配下である農作機関の総称)を置いたと記され、和銅六年に諸国の郡郷名に好字を付けることが命令され、そのときに嘉麻郡となったもので、この由緒ある嘉麻を市名といたしました。
市内には豊臣秀吉が九州征伐の際、協力した土地の人々に授けた秀吉愛用の陣羽織や山上憶良の万葉歌碑、黒田節で日本一の槍を飲み取った母里太兵衛の墓など歴史文化遺産も多く残されています。
また、自然を活かした、新鮮な野菜や遠賀川の源流水で育ったお米は評価が高く、九州では珍しいリンゴやなしの生産がされており、秋の行楽シーズンには遠方から多くの観光客が足を運ばれ、秋の味覚を堪能されています。
“自然と魅力にあふれた嘉麻市”をどうぞよろしくお願い申し上げします。

この「市長の部屋」においては、私の考えやメッセージ、そして市長交際費の支出等について情報公開いたしますので、どうぞご覧ください。
嘉麻市長 赤間 幸弘

市長のプロフィール

昭和37年12月1日 旧山田市に生まれる
昭和60年3月 久留米工業大学工学部 卒業
昭和60年6月 福岡県山田市役所(臨時職員)勤務
昭和61年10月 明治記念病院 勤務
平成3年7月 社会福祉法人山田福祉会特別守る老人ホームたちばな苑 勤務
平成13年12月 福岡県山田市議会議員
平成18年3月 福岡県嘉麻市議会議員
平成26年4月23日 福岡県嘉麻市長