ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > プレスリリース > キャッシュレス決済サービスPayPay(ペイペイ)の導入について

本文

キャッシュレス決済サービスPayPay(ペイペイ)の導入について

記事ID:0017396 更新日:2020年9月10日更新

概要

 嘉麻市は、PayPay株式会社(代表取締役社長執行役員CEO 中山 一郎 東京都千代田区紀尾井町1番3号)と「公共施設の使用料等のバーコード等決済に関する協定書」を締結し、令和2年10月1日(木曜日)より、本庁舎市民課等窓口及び足白農泊施設(カホアルペ)にキャッシュレス決済サービス「PayPay」を導入します。
 また、水道料金について、納付書に記載されたバーコードをPayPayアプリで読みとってその場でお支払いすることが可能となります。
 今回の取り組みは、PayPayのQRコード決済は機器調達など初期投資が不要であることから、初期費用に関して市の負担なく実施するものです。

決済方法及び品目等

PayPay QRコード決済

 ・窓口等に掲示したQRコードをPayPayアプリで読み取って決済する方法

QRコード決済の品目等
施設名 品目等 取扱開始日

本庁舎

戸籍、住民票、印鑑登録、税等の各種証明手数料、臨時運行許可手数料 令和2年10月1日
カホアルペ 施設利用料(宿泊・会議室利用等) 令和2年10月1日

 

【PayPay 請求書払い】

・納付書に記載されたバーコードをPayPayアプリで読み取って決済する方法

請求書払いの品目等
取扱対象料金 取扱開始日
水道料金 令和2年10月1日

 ※ 支払方法など詳しくは、水道料金についてをご覧ください。

 

 嘉麻市では、市民の利便性の向上、事務の効率化、新型コロナウイルス感染症予防対策等の観点からキャッシュレス決済を推進しており、今後も導入効果を確認しながらキャッシュレス支払方法及び支払い対象品目等を順次拡大していくこととしています。

 QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


最新情報
バックナンバー