ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 文化遺産 > 平山獅子舞

本文

平山獅子舞

記事ID:0002936 更新日:2019年12月23日更新

平山獅子舞

 「平山獅子舞」は平山八幡宮の秋祭りに毎年行われています。
 飯塚市(旧筑穂町)の「大分の獅子舞」の流れを汲み、今から250年ほど前に伝わったといわれています。
 雄獅子と雌獅子それぞれを二人一組で演じ、楽器には大太鼓、小太鼓、笛が使われています。
 また、派手な衣装をまとった子供達による太鼓の「回り打ち」も獅子舞の間に演じられます。


埋蔵文化財
未指定文化財