ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 文化遺産 > 秋月(豊前)街道 古八丁越

本文

秋月(豊前)街道 古八丁越

記事ID:0002921 更新日:2019年12月23日更新

秋月街道

 秋月街道は、現在の小郡市松崎と北九州市小倉を直線的に結ぶルートをとり、江戸時代においては長崎街道が整備されるまで、大名の参勤交代等で利用されました。
 中でも古処山近くを通る古八丁越えは街道最大の難所で、峠道の各所に石畳が整備されています。
 通称「おおよこい」と呼ばれる地区を中心に古道の風情を最もよく残す約204mの区間が、市の指定文化財となっています。


埋蔵文化財
未指定文化財