ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 文化遺産 > 五穀神社出土・唐草文方格規矩四神鏡

本文

五穀神社出土・唐草文方格規矩四神鏡

記事ID:0002916 更新日:2019年12月23日更新

五穀神遺跡後漢鏡

鏡は飯田地区にある五穀神社の建替え作業中に石棺から出土したと伝えられています。
石棺内には鏡以外の副葬品はなかったということです。
本例は後漢時代に中国大陸で製作された面径約14cmの白銅質の鏡です。
鏡の背面には青龍・朱雀・白虎・玄武の四神図などが描かれています。
鏡は現在、碓井郷土館に常設展示されています。


埋蔵文化財
未指定文化財