ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 本庁・分庁 > 市民課 > マイナンバーカードを利用した証明書のコンビニ交付サービス

本文

マイナンバーカードを利用した証明書のコンビニ交付サービス

記事ID:0028057 更新日:2022年12月26日更新

コンビニ交付が始まります!さらに証明書の手数料が100円お得です!

コンビニ交付とは

マイナンバーカードを利用して、住民票の写し・印鑑登録証明書等が全国のコンビニエンスストアなどにあるキオスク端末(マルチコピー機)から取得できるサービスです。
嘉麻市では令和5年1月4日より開始します。

利用できる方

嘉麻市に住民登録されている方または嘉麻市に本籍がある方で、利用者証明用電子証明書を格納したマイナンバーカードをお持ちの方

コンビニ交付に必要なもの

・マイナンバーカード
  ※4桁の暗証番号(利用者証明用電子証明書)
・手数料

コンビニ交付証明手数料は100円お得です!

取得できる証明書一覧
種 類 取得できる人

コンビニ

交付手数料

窓口

手数料

利用できる時間 担当課
住民票の写し 本人及び同一世帯の方

200円

300円

6時30分~23時00分

市民課
印鑑登録証明書 本人 200円 300円 市民課

課税台帳記載事項証明書(※注1)

本人 200円 300円 税務課

戸籍全部(個人)事項証明書(※注2)

本人及び同一戸籍の方 350円 450円

月~金曜日

(祝日を除く)

8時30分~17時00分

市民課

戸籍の附票の写し(※注2)

本人及び同一戸籍の方 200円 300円 市民課

【注意事項】

・年末年始(12月29日~1月3日)およびメンテナンス日(不定期)を除きます。

・市の手数料条例により手数料が免除となる場合でも、コンビニ交付による証明書取得の場合は交付手数料がかかります。後から手数料の返金はできません。手数料免除に該当する方は、市民課等の窓口をご利用ください。

暗証番号を連続して3回間違うとロックがかかります。解除には市役所窓口での手続きが必要です。

・マイナンバーカードを受け取った当日は利用できません。受け取った翌日(翌開庁日)から利用が可能となります。

・証明書が1通あたり複数枚にわたる場合、ホチキス留めがされません。ページ番号と証明書に記載された固有の番号でひとつづりのものと判断されます。

・DV・ストーカー被害等による支援措置を受けている人等はコンビニ交付サービスを利用できません。

・マイナンバーカードの取り忘れにご注意ください。

●住民票の写し

・本籍、続柄、個人番号(マイナンバー)の記載の有無を選択することができます。

・転出する人が転出先市町村に転入届を提出するまで、同じ世帯に属する人も住民票の写しを取得できません。

●印鑑登録証明書

・嘉麻市で印鑑登録をしていない人は、印鑑登録証明書を取得できません。

・印鑑登録証明書を市役所窓口で取得される場合は、今までどおり印鑑登録証が必要です。

●課税台帳記載事項証明書(課税証明書)

・※注1 最新年度の個人の所得額、控除額、扶養の内訳、住民税額等を1枚で証明するものです。

●戸籍全部(個人)事項証明書

・※注2 嘉麻市外にお住まいで、嘉麻市に本籍がある方が、戸籍全部(個人)事項証明書または戸籍の附票の写しを取得する場合は、事前に利用登録申請が必要です。

・婚姻届などの戸籍の届出があった場合、住民票や戸籍証明書の反映まで時間がかかります。

コンビニ交付の利用方法

コンビニ等のマルチコピー機で、マイナンバーカードを使用して、4桁の暗証番号を入力し、申請から受領まで、ご本人が操作を行ってください。
案内画面に従ってタッチパネルによる操作をしてください。
操作については、証明書の取得方法をご覧ください。

戸籍証明書の利用登録申請

嘉麻市外にお住まいで、嘉麻市に本籍がある方が、戸籍全部(個人)事項証明書または戸籍の附票の写しを取得する場合は、事前に利用登録申請が必要です。
コンビニ等のマルチコピー機から申請ができます。
スマートフォンからは申請できません。
利用登録には5開庁日ほどかかります。
利用登録申請については本籍地の戸籍証明書取得方法をご覧ください。

利用できる店舗

セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップなど全国のキオスク端末(マルチコピー機)が設置されている店舗。
利用できる店舗の詳細については、以下のページでご確認ください。

証明書の改ざん偽造防止対策

市役所窓口で交付する証明書とは用紙が異なります。
コンビニ交付ではA4サイズの普通紙に印刷されますが、偽造・改ざん防止技術が施されています。
詳しくは地方公共団体情報システム機構のページをご覧ください。
また、プライバシー対策として、嘉麻市とマルチコピー機とのデータ通信は、専用回線を使いデータを暗号化しており、マルチコピー機から出力された後、データは消去されます。