ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 本庁・分庁 > 企画財政課 > 健全化判断比率・資金不足比率

本文

健全化判断比率・資金不足比率

記事ID:0002092 更新日:2019年12月23日更新

 「地方公共団体の財政の健全化に関する法律」が平成20年4月から一部施行されました。この法律によって、地方公共団体は、毎年度「健全化判断比率」と「資金不足比率」を算定し、監査委員の審査意見を付して議会に報告し、公表することとされました。また、平成21年4月には同法がすべて施行され、比率が基準以上の場合は、財政健全化計画や財政再生計画等を策定し、議会の議決を経て公表することとされています。
 嘉麻市の「健全化判断比率」「資金不足比率」は以下のとおりです。

健全化判断比率・資金不足比率

添付ファイル

平成30年度 [PDFファイル/235KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)