ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 本庁・分庁 > 選挙管理委員会 > 不在者投票について

本文

不在者投票について

記事ID:0022724 更新日:2021年10月15日更新

不在者投票

病院や施設での不在者投票

入院中の病院や入所中の老人ホーム等が、不在者投票の施設として県から指定を受けている場合、その施設で不在者投票を行うことができます。

指定施設の場合、投票用紙の請求は、本人からの申請に基づき、施設の長が代わりに行います。
(本人が直接請求することも可能です。)

投票用紙および封筒を請求する場合は、

投票用紙等請求書 [Excelファイル/17KB]を嘉麻市選挙管理委員会へ郵送してください。

※メール・Faxでは受け付けておりません。

詳しくは、福岡県のホームページをご参照ください。

→URL:https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/fuzai-tebiki.html<外部リンク><外部リンク>

※現在、入院・入所中の施設が、不在者投票ができる施設であるかどうかや、
 不在者投票の具体的な手続きについては、施設のご担当者にお尋ねください。

旅行先や出張先、転出先での不在者投票

投票日当日及び期日前投票期間中、旅行や仕事などの都合で投票所に行けない場合でも、投票ができる制度です。


【投票期間】令和3年10月20日(水曜日)~令和3年10月30日(土曜日)

【投票の流れ】
(1)期日前投票宣誓書兼不在者投票請求書・宣誓書 [Wordファイル/27KB]を、

   ホームページからダウンロードしていただくか、
   嘉麻市選挙管理委員会にお問い合わせいただけましたら、郵送いたします。

   必要事項を記入し、嘉麻市選挙管理委員会まで郵送してください。
   ※メール・ファックスでの受け付けはできません。

(2)嘉麻市選挙人名簿に登録があることを確認後、レターパックにて
  「投票用紙の交付について」「投票用紙」「不在者投票用封筒」「不在者投票証明書」を
   嘉麻市選挙管理委員会から郵送いたします。

(3)上記(2)のレターパックが届きましたら、レターパック自体は開封していただいて構いませんが、
   中に入っている「投票用紙」「不在者投票用封筒」「不在者投票証明書」は開封せず、
   そのままの状態で滞在先の選挙管理委員会へお持ちください。

   ※上記(2)のレターパックが届いてから、滞在先の選挙管理委員会以外の場所で、
   封入されている「投票用紙」に記入したり、「不在者投票証明書」が封入されている封筒を
   開封した場合は、投票が無効となりますので、ご注意ください。

(4)滞在先の選挙管理委員会の指示に従って投票してください。

(5)滞在先の選挙管理委員会から嘉麻市選挙管理委員会へ投票用紙が郵送され、
   投票が完了となります。


【滞在地での不在者投票を行う際の注意事項】
(1)不在者投票は、すべて郵便でやり取りを行うため、手続きに日数を要しますので、
   お早めに手続きを行ってください。
   ※投票日までに投票用紙が届かない場合は、無効票となります。

(2)滞在先の選挙管理委員会で投票を行う場合、投票する日時などについては、
   あらかじめ滞在先の選挙管理員会にご確認ください。