ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 交通安全 > 飲酒運転事故が増加しています!!-飲酒運転の110番通報制度-

本文

飲酒運転事故が増加しています!!-飲酒運転の110番通報制度-

記事ID:0003364 更新日:2019年12月23日更新

 

 

現在、福岡県内での飲酒運転による交通事故が昨年から増加に転じており(144件発生、前年比+18件)、今年に入っても増加傾向が続いています(2019年4月末日現在53件発生、前年比+10件)。

特に最近の特徴として、昼間帯(6~17時)における飲酒運転事故の発生の増加、年代別では20代を中心とする若者による事故の増加が挙げられます。

このような深刻な状況を踏まえ、県、県警察本部、市町村及び関係機関・団体で構成する「福岡県飲酒運転撲滅連絡会議」が開催され、「飲酒運転事故増加に伴う緊急対策」が決定されました。

「様子がおかしいな」、「飲酒運転かな?」と思ったら、迷わず110番を!!

「福岡県飲酒運転撲滅運動の推進に関する条例」により、県民は、飲酒運転を目撃した場合警察へ通報するよう努めることとされています。
あなたの通報が、悲惨な事故を未然に防ぐことにつながります!

~こんなときは、110番通報してください!~

例えば、

  • ふらついたり、蛇行するなど飲酒運転の疑いのある車両を見かけた 
  • 駐車している車の運転席で飲酒している
  • 酒に酔った様子の人や酒の匂いのする人が運転席に乗ろうとしている

警察官に

  • 車のナンバー、色、 できれば・・・ 車種、メーカー
  • 見つけた場所、進行方向などを伝えてください。

※断片的な情報でかまいません。通報された方の氏名等を相手に伝えることは一切ありません。

飲酒運転通報マニュアル