ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 交通安全 > 飲酒運転 「自分だけは捕まらない」 そう思っている人たちへ!

本文

飲酒運転 「自分だけは捕まらない」 そう思っている人たちへ!

記事ID:0003362 更新日:2019年12月23日更新

度重なる飲酒運転による厳罰化や行政処分の強化が図られたことにより、飲酒運転による事故は減少傾向にありますが、依然として悲惨な飲酒運転事故は絶たない状況が続いています。

 飲酒運転の多くが、「少しだけなら大丈夫」「自分は酒に強い」など、飲酒運転の危険性をきちんと認識していないことが原因と考えられます。

 飲酒運転は重大な犯罪であり、ひとたび死亡事故を起こせば、人生を棒に振り、死ぬまで一生後悔する日々を送ることになります。

飲酒運転の代償及び恐ろしさ

 飲酒運転には厳しい行政処分と罰則が科せられます。

 また、飲酒死亡事故を起こすと交通刑務所に収監されます。

 警視庁のホームページでは服役中の受刑者が書いた手記を公開しています。

 警察庁ホームページ<外部リンク>:外部リンク

 警視庁ホームページ<外部リンク>:外部リンク

 飲酒運転撲滅動画

 もう、誰もあなたを信じない
 すべてを失う飲酒運転の代償

 福岡県警察ホームページ<外部リンク>:外部リンク

飲酒運転後悔しても遅い