ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 行政改革・行政評価 > 第2次行政改革実施計画改定版

本文

第2次行政改革実施計画改定版

記事ID:0002229 更新日:2019年12月23日更新

本市の行政改革は、平成19年2月に策定した嘉麻市行政改革大綱及び嘉麻市行政改革実施計画、平成23年2月に策定した第2次嘉麻市行政改革大綱及び第2次嘉麻市行政改革実施計画(以下「第2次実施計画」といいます)に基づき、行政改革の取組みを進めているところです。
しかしながら、本市を取り巻く環境は、刻々と変化しており、とりわけ人口の変動による税収の減、公共インフラ施設の老朽化の進行、合併特例債発行期間の延長など、第2次実施計画策定時に作成した財政見通しとは大きく乖離している状況でありました。
そこで、平成26年8月に平成27~37年度までの10年間の歳入及び歳出について、現時点で最も確実性の高い金額を算出し、財政計画を策定したところです。
ついては、第2次実施計画の期間中ではありますが、財政計画に沿って、さらなる行政改革の取組みを実施していくため、第2次実施計画の改定を行うものです。

市で作成した改定版の案については、平成27年1月23日に行政改革推進審議会に諮問を行い、同年2月23日に答申を受け、ご意見をいただいております。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


行政評価
行政経営推進審議会