ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 本庁・分庁 > 産業振興課 > 消費者行政に関する市長表明

本文

消費者行政に関する市長表明

記事ID:0002374 更新日:2020年3月30日更新

 

消費者行政に関する市長表明

 近年、高度情報化やライフスタイルの多様化などにより、消費者を取り巻く環境は急激に変化しており、悪質商法をはじめ、架空請求・不当請求、振り込め詐欺などによる被害が後を絶たないほか、多重債務者が増加するなど、消費生活に関する様々な問題が発生しています。
こうした中、平成25年4月より嘉麻市・飯塚市・桂川町と「飯塚市消費生活センター」の広域運営を開始し、契約に関するトラブルや悪質商法による被害、商品事故の苦情などの消費生活に関する相談に専門の相談員が対応しています。
今後も引き続き、市民の皆様が安全で安心して暮らせる地域社会づくりを目指し、相談体制の充実・強化に努めるとともに関係機関とも連携し、消費者行政の推進に全力で取り組んでまいります。


令和2年3月   

嘉麻市長 赤間 幸弘