ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 本庁・分庁 > 農林振興課 > 肥料価格高騰対策事業

本文

肥料価格高騰対策事業

記事ID:0028094 更新日:2022年9月26日更新

肥料価格高騰対策事業

世界的な穀物需要の増加やエネルギー価格の上昇に加え、世界情勢の悪化により、化学肥料原料の国際価格が大幅に上昇し、肥料価格が急騰しています。

化学肥料の使用量低減や農業経営への影響を緩和することを目的に、化学肥料の低減や堆肥等の国内資源の活用等の取組を行う農業者に対し、肥料コスト上昇分の一部を支援します。

支援対象者

化学肥料使用量の2割低減に向けて取り組む販売農家

対象となる肥料

令和4年6月から令和5年5月までに購入する肥料(令和4年秋肥、令和5年春肥として使用する肥料)

秋肥(令和4年6月~10月に注文したモノ)
春肥(令和4年11月~令和5年5月に注文したモノ)

※現時点(令和4年10月3日)の情報になります。変更等があった場合には、随時更新します。

支援額

支援額=肥料コスト増加分×0.7

※肥料コスト増加分=当年の肥料購入費-(当年の肥料購入費÷価格上昇率÷使用量低減率)

使用量低減率は0.9、価格上昇率は、当年と前年の農業物価統計から国が算出します。

要件

肥料コスト2割低減に向けた取組として、以下のうち2つ以上を実施する必要があります。

・土壌診断による施肥設計
・生育診断による施肥設計
・堆肥の利用、下水汚泥の利用など国内資源の利用
・有機質肥料の利用
・緑肥作物の利用

など

申請について

嘉麻市農業再生協議会では、JA福岡嘉穂と合同で受付を行いますので、お知らせに記載しております必要書類等をご持参のうえ、会場へお越しください。

日時・会場

(1)令和4年10月17日(月) 桂川町住民センター(桂川町土居424-8)
(2)令和4年10月18日(火)~19日(水) JAふくおか嘉穂 本所3階大会議室 (飯塚市小正319番地1)
(3)令和4年10月20日(木)~21日(金) JAふくおか嘉穂 嘉穂支所2階会議室(嘉麻市上西郷26番地1)

〇受付時間:各会場9時~16時受付

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)