ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 本庁・分庁 > 社会福祉課 > 住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金(家計急変世帯)

本文

住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金(家計急変世帯)

記事ID:0024828 更新日:2022年2月28日更新

住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金(家計急変世帯向け)のご案内 
【申請受付期間:令和4年3月1日~令和4年9月30日】

【家計急変世帯向けの給付金について】

   家計急変世帯向けの給付金は、住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金のうち、
  新型コロナウイルス感染症の影響を受けて、令和3年1月以降の収入が減少した世帯向
  けの給付金です。

 

【対象となる世帯】

   申請時点で、嘉麻市に住民登録があり、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて、
  令和3年1月から令和4年9月までの家計が急変(収入が減少)し、世帯全員が「住民
  税非課税世帯相当」
の収入となった世帯(家計急変世帯)。

   ※「住民税非課税世帯相当」とは、世帯全員のそれぞれの年収見込額が市民税均等
    割非課税水準以下であることを指します。   
   ※世帯の全員が、住民税が課税されている他の親族等の扶養を受けている場合は対
    象になりません。
   ※新型コロナウイルス感染症と全く関係のない理由で収入が減少し、世帯全員が住
    民税非課税水準となった場合は対象になりません。
   ※令和3年度分の住民税が課税されている世帯であること等により、「住民税非課
    税世帯への支給(1世帯あたり10万円)」の支給対象外であった世帯であって
    も、令和3年1月以降の家計急変(収入の減少)があった場合は、この「家計急
    変世帯への支給」に該当することがございますので、そのような場合には、市へ
    お問い合わせくさだい。

 

【給付金の支給額】

   1世帯あたり10万円

 

   ※原則、「住民税非課税世帯への給付(1世帯あたり10万円)」を受け取った世
    帯に属する者を含む世帯は対象になりません。
    (例外もございますので、社会福祉課までお問合せください。)

 

【申請方法(家計急変世帯への支給を受けるためには申請が必要です。)】

  『住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金(家計急変世帯分)申請書(請求書)』
  に必要事項を記載の上、必要書類(収入が確認できる書類等)を添付して市へ申請して
  ください。

 

 

【申請先(申請書等の提出先)】

  嘉麻市役所社会福祉課(本庁舎1階・14番窓口)に直接、ご提出ください。
  Tel:0948-42-7457(住所:嘉麻市岩崎1180-1)

 

【申請期間】

 ●受付開始日:令和 4 年 3 月   1 日 (火)
 ●受付終了日:令和 4 年 9 月 30 日 (金)

 

 

【提出書類】

 ○必ず提出していただくもの
  (1)住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金(家計急変世帯分)申請書(請求書)
     
家計急変世帯分申請書(請求書) [PDFファイル/188KB]
     ▷家計急変世帯分申請書(請求書)※記入例 [PDFファイル/196KB]

  (2)申請・請求者本人確認書類(運転免許証、健康保険証、マイナンバーカード、
     年金手帳、パスポート等)の写し(コピー)

  (3)申請・請求者の世帯の状況を確認できる書類(住民票等)の写し

  (4)受取口座を確認できる書類(通帳やキャッシュカード)の写し

  (5)簡易な収入(所得)見込額の申立書
     
簡易な収入(所得)見込額の申立書【家計急変者】 [Excelファイル/25KB]
     ※申立を行う収入に係る給与明細書、年金振込通知書等の収入が確認できる書類、
      事業収入及び不動産収入の方は、収入と必要経費の金額が分かる書類を添付し
      てください。

  (6)「任意の1ヶ月の収入」または「令和3年中の収入見込額」の状況を確認できる書類の写し
      ※「任意の1ヶ月の収入」 ・・・給与明細等    
      ​※「令和3年中の収入見込額」・・・源泉徴収票、確定申告書等
     

 

 ○該当する方のみ提出していただくもの
  (1)戸籍の附票の写し(令和3年1月1日以降、複数回転入出した方)

 

 

【家計急変世帯の判定方法】


 ・令和3年1月以降の「任意の1ヶ月の収入」を年収に換算して判定します。ただし、令
  和4年度分住民税均等割の課税決定以降に令和3年中(令和3年1月~12月)の収入
  をもとに申請をする場合には、当該課税決定の内容(又は非課税証明書の添付)により
  判定します。
 ・収入の種類は、給与、事業、不動産、年金です(遺族年金など非課税の公的年金等収入
  は含まない)。
 ・収入で要件を満たさない場合、1年間の所得で判定することも可能です。

  ※令和3年分所得の確定申告書、住民税申告書、源泉徴収票等の写しがある場合には、
   当該写しに基づく判定も可能です。

  ※世帯の中に収入のある方が複数人存在する場合は、可能な限り同じ月で年収を換算
   してください。

 

 ( 参 考 )
   非課税収入(所得)限度額早見表(給与収入の場合)
   給与所得者の住民税非課税判定額
  非課税限度額

   ※給与収入以外の収入は、限度額が異なる場合がありますので、市までお問合せく
    ださい。

 

【支給の時期】

  申請書等の受理後、書類審査が終了次第、順次、指定された口座へ振り込みます。
  ただし、書類に不備があった場合や、申請内容に不明な点があった場合には、申請
 書の再提出や追加資料の提出を依頼することがあります。
  このような場合、支給時期が通常よりも遅くなることになります。

 

 

 

 

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)