ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 本庁・分庁 > 子育て支援課 > 令和3年4月より新生児聴覚検査の助成を始めます!

本文

令和3年4月より新生児聴覚検査の助成を始めます!

記事ID:0020454 更新日:2021年4月1日更新

赤ちゃんへの支援の充実を図るため、新生児聴覚検査費用の助成を開始します

 

 1.対象となる方

 令和3年4月1日以降に生まれた赤ちゃんの保護者で、嘉麻市に住民票があり、生活保護世帯または市町村民税非課税世帯に属する方。
 ただし、他の自治体で助成を受けた場合は対象としません。

2.対象となる検査

 自動ABR検査(自動聴性脳幹反応検査)
 ABR検査(聴性脳幹反応検査)
 OAE検査(耳音響放射検査)

3.助成内容

 生後28日を経過しない赤ちゃんに対し、出生後初めて実施する上記の聴覚検査を1回に限り助成します。
 自動ABR検査 上限5,000円
 ABR検査 上限5,000円
 OAE検査 上限3,000円
※産院で検査費用をいったん自己負担していただき、申請をおこなうことで助成を受けることができます。

4.申請方法・必要書類

 新生児聴覚検査を受けた日から1年以内に申請手続きをお願いします。
 申請書に必要事項を記載のうえ、碓井総合支所内 子育て支援課 母子保健係に提出して下さい。

 〔必要書類〕
 (1) 嘉麻市新生児聴覚検査費用助成申請書・新生児聴覚検査請求書 嘉麻市新生児聴覚検査費用助成申請書 [PDFファイル/97KB] 新生児聴覚検査請求書 [PDFファイル/66KB]

 (2) 受診した医療機関が発行する領収書・診療明細書の原本
 (3) 聴覚検査の結果が記載されているもの(母子手帳など)
 (4) 生活保護世帯または市町村民税非課税世帯であることを証明する書類
 (5) 印鑑(朱肉を使うものをご準備ください。シャチハタ不可)
 (6) 申請者名義の振込口座番号のわかるもの(通帳など)

5.新生児聴覚検査のご案内

 お子さんの難聴を見逃さないために、新生児聴覚検査を受けましょう。

 サイト内リンク先→ /site/kosodate/18264.html

 

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)