ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップ > 織田廣喜美術館 > お知らせ > 2019年度 お知らせ > はじめての鉛筆画開講のお知らせ

本文

はじめての鉛筆画開講のお知らせ

Article ID:0003973 Update:2019年10月17日更新 ページ印刷する

はじめての鉛筆画開講のお知らせ

織田廣喜美術館では18歳以上を対象とした講座「はじめての鉛筆画」を開講いたします。

全4回で1つの作品を完成させ、作品は琴平美術展覧会で展示します。鉛筆だからこそ表現できる世界があります。はじめての方でも大丈夫。お気軽にお申込みください。

概要

  1. 事業名称  はじめての鉛筆画
  2. 実施日時  金曜日 4回 10時00分~12時00分 2時間
    (1)令和元年 12月13日
    (2)令和元年12月20日
    (3)令和2年1月10日
    (4)令和2年1月17日
  3. 会場  美術館市民アトリエ
  4. 講師  高倉 房子 氏(桂川町)
  5. 対象  18歳以上
  6. 定員  10名(申込み多数の場合は抽選)
  7. 参加費 なし (材料費は別途徴収 数百円程度)
  8. 携行品 筆記具、飲みもの 等  
    鉛筆B4 1本   
    イラストレーションボード B4 Sサイズ(初回購入)
  9. 申込方法 美術館カウンター、電話、メール
  10. 申込締切 11月20日(水曜日)
    ※申し込みは締め切りました。たくさんのお申込みありがとうございました。
  11. 問合、申込先 嘉麻市立織田廣喜美術館

Tel:0948-62-5173 受付時間:9時30分~17時30分
e-mail:art@city.kama.lg.jp
休館日:月曜(但し11月4日は開館し、11月5日が休館)

概要の画像1

鉛筆画チラシ

概要の画像2

作品例

講師プロフィール

高倉 房子 (鉛筆画家、桂川町)

飯塚市に生まれ、炭鉱閉山とともに桂川町に移り住み、結婚して現在に至る。
高倉さんが鉛筆画を始めたきっかけは、飼っていたペットを描きたいという理由から。2011年テレビでたまたま見つけた福岡市在住の鉛筆画家、坂本貴彦の教室に飛び込みで入り、4年間腕を磨いた。地元筑豊でも鉛筆画を広めたいと2015年に待望の教室を飯塚にオープン。まずは自分の名前を知ってもらおうと、10 点足らずの作品数から地道に個展を開催し、現在は 20 代から 70 代まで数十名の生徒を抱え、鉛筆画の魅力を伝えている。

講師作品

講師作品の画像1講師作品の画像2