ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップ > 織田廣喜美術館 > お知らせ > 2019年度 お知らせ > ようこそ、ぼくらのKAMA妖怪大図鑑へ(1)

本文

ようこそ、ぼくらのKAMA妖怪大図鑑へ(1)

Article ID:0013800 Update:2019年11月7日更新 ページ印刷する

ようこそ、ぼくらのKAMA妖怪大図鑑へ(1)

毎年小学生を対象に企画しているこの事業ですが、今年は嘉麻市に伝わる河童や皿屋敷伝説などの不思議な話をもとにして、嘉麻市にいそうな妖怪をデザインして作ります。

今回、嘉麻市や粕屋町から8名の小学生が参加してくれました。
いったいどんな妖怪が生まれるのでしょうか。

まずは、みんなで嘉麻市の各地区に伝わる不思議な伝説を聞きました。
ようこそ、ぼくらのKAMA妖怪大図鑑へ1
それから、大学生と一人一組ずつペアになって、作業開始です。
ようこそ、ぼくらのKAMA妖怪大図鑑へ2

ようこそ、ぼくらのKAMA妖怪大図鑑へ3

描いてきたデザイン画をもとに、自分の妖怪を米袋で作ります。
顔の出る位置に穴を開けて、色画用紙などで形を作っていきました。

ようこそ、ぼくらのKAMA妖怪大図鑑へ5

ようこそ、ぼくらのKAMA妖怪大図鑑へ6

ようこそ、ぼくらのKAMA妖怪大図鑑へ7

ようこそ、ぼくらのKAMA妖怪大図鑑へ8

大学生と話しながら作っているといろいろとアイディアが沸いてきたようで、河童のお皿にお寿司をのせてみたり、鎌やこん棒などの小道具を段ボールで作り始める子どもたち。

ようこそ、ぼくらのKAMA妖怪大図鑑へ9       

ようこそ、ぼくらのKAMA妖怪大図鑑へ10

ようこそ、ぼくらのKAMA妖怪大図鑑へ11

ようこそ、ぼくらのKAMA妖怪大図鑑へ12

デザイン画をもとに素敵な妖怪ができたところで、一日目は終了です。
2日目はしゃべって光るのぞき箱をつくります。

地域活動指導員 藤嶋芳絵