ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップ > 織田廣喜美術館 > お知らせ > 2019年度 お知らせ > ようこそ、ぼくらのKAMA妖怪大図鑑へ(2)

本文

ようこそ、ぼくらのKAMA妖怪大図鑑へ(2)

Article ID:0013799 Update:2019年11月7日更新 ページ印刷する

ようこそ、ぼくらのKAMA妖怪大図鑑へ(2)

近畿大学産業理工学部と連携した事業、「ようこそ、ぼくらのKAMA妖怪大図鑑へ」2日目は、しゃべって光るのぞき箱の制作をしました。

ようこそ、ぼくらのKAMA妖怪大図鑑へ(2)の画像

情報科の高橋先生の指導の元、ブレッドボードにLEDライトや人感センサー、スピーカーなどを配線し、装置を作ります。

ようこそ、ぼくらのKAMA妖怪大図鑑へ(2)の画像2

そのあとは、妖怪に変身した自分の写真と木などのパーツを配置し、のぞき箱の中身を作りました。

 ようこそ、ぼくらのKAMA妖怪大図鑑へ(2)の画像3

ようこそ、ぼくらのKAMA妖怪大図鑑へ(2)の画像4

それから、夜に行われるイベントに向けて、看板を作ったり、妖怪の姿のまま歩く練習をしました。

 ようこそ、ぼくらのKAMA妖怪大図鑑へ(2)の画像5

ようこそ、ぼくらのKAMA妖怪大図鑑へ(2)の画像6

この日の夜は、美術館で作品の発表会。

ぞくぞくと集まるお客さんの前で子どもたちは上手に発表できるでしょうか。

 ようこそ、ぼくらのKAMA妖怪大図鑑へ(2)の画像7

ようこそ、ぼくらのKAMA妖怪大図鑑へ(2)の画像8

ようこそ、ぼくらのKAMA妖怪大図鑑へ(2)の画像9

ようこそ、ぼくらのKAMA妖怪大図鑑へ(2)の画像10

しっかり保護者の前まで歩いて、大学生のインタビューに答える子どもたち。

 ようこそ、ぼくらのKAMA妖怪大図鑑へ(2)の画像11

2日間ずっと一緒にいた学生のサポートもあり、あまり緊張もせずに発表会を終えることができました。

保護者のかたも妖怪に変身した子どもの姿を微笑ましく見守ってくださいました。

参加者の皆様、保護者の皆様、近畿大学産業理工学部の金子先生、高橋先生、協力してくれた大学生の皆様、ありがとうございました。

この日制作したのぞき箱は、12月3日~5日の間アクロス福岡で展示いたします。

ぜひ、見に来てください。

子どもたちが作った作品はこちらからご覧いただけます。↓↓

ようこそ、ぼくらのKAMA妖怪大図鑑作品集<外部リンク><外部リンク>             

地域活動指導員 藤嶋 芳絵