ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 子育て > ひとり親世帯臨時特別給付金について

本文

ひとり親世帯臨時特別給付金について

記事ID:0018248 更新日:2020年11月13日更新

新型コロナウイルス感染症の影響により、子育てと仕事を一人で担う低所得のひとり親世帯については、子育てに対する負担の増加や収入の減少などにより特に大きな困難が心身等に生じていることを踏まえ、こうした世帯を支援するため、臨時特別給付金を支給します。

※この給付金は全国一律の制度です。
※この給付金は所得税法における非課税所得に該当し、課税の対象とはなりません。

PDF:給付金チラシ [PDFファイル/567KB]
厚生労働省ホームページ
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_11456.html<外部リンク>

申請期限は令和3年2月26日(金曜日)となっております。
対象となっている方は、お早めに申請ください。

1.基本給付((1)申請不要、(2)(3)申請必要)

児童扶養手当を受給しているひとり親世帯等の方への給付
(児童扶養手当法に定める「養育者」の方も対象となります。)

【対  象】

(1)令和2年6月分の児童扶養手当が支給されている方
※対象者には令和2年7月に通知を送付し、既にお支払いをしております。
(2)公的年金等(遺族年金、障害年金、老齢年金、労災年金、遺族補償など)を受給しており、令和2年6月分の児童扶養手当の支給が全額停止されている方
※既に児童扶養手当受給資格者としての認定を受けている方だけでなく、児童扶養手当を申請していれば、令和2年6月分の児童扶養手当の支給が全額または一部停止されたと推測される方も対象となります。
(3)新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変するなど、収入が児童扶養手当を受給している方と同じ水準になってる方
(何らかの事情によりこれまで児童扶養手当を申請されてこなかった方や令和2年6月以降の離婚等により児童扶養手当の受給資格者となった方も含む)

【給付額】

1世帯5万円、第2子以降1人につき3万円

2.追加給付(申請必要)

新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、収入が減少している方への給付
※生活保護受給者の方は、追加給付の対象とはなりません。生活保護受給者の方が追加給付を受給された場合には、その全額が収入認定されます。

【対  象】

上記1.基本給付対象の(1)または(2)に該当する方のうち、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、収入が減少した方

【給付額】

1世帯5万円


申請に必要な書類については下記までお問い合わせください。

〈お問い合わせ先〉
○嘉麻市こども育成課 児童係
Tel 0948-42-7459

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)