ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > ごみの分別・リサイクル・収集・自己搬入 > ごみの分別(出し方)について

本文

ごみの分別(出し方)について

記事ID:0001156 更新日:2019年12月23日更新

​嘉麻市では、お住まいの地区によりごみの分別方法が異なります。

稲築地区では「もえるごみ」「もえないごみ」「資源ごみ(かん・びん)」「布団類ごみ」「粗大ごみ」に分別されます。
山田・碓井・嘉穂地区では「もえるごみ」「もえないごみ」「資源ごみ(かん・びん)」「資源ごみ(ペットボトル)」「粗大ごみ」に分別されます。
分別方法の詳細は下記の添付ファイルをご覧ください。

出し方

  • 「もえるごみ」「もえないごみ」「資源ごみ」「布団類ごみ」は指定袋からはみ出すことなく、指定袋を手で持って破れない程度の重さ(10kg以内)で出してください。
  • 「粗大ごみ」は指定シールを貼って出してください。お住いの地区により、収集の予約申し込みが必要です。
  • 各地区の「家庭ごみの出し方」パンフレットをご確認ください。
  • 1回に出せる袋の数は3袋までが目安です。草刈や剪定などで大量に出る場合は数回に分けて出すか、臨時収集や自己搬入を利用して下さい。
  • 指定袋に入れて、収集日の朝に所定の場所に出してください。
  • 指定袋はごみ箱に入れたり、ネットで覆うなどして、犬・猫・カラス等に荒らされないようにお願いします。

警告シール

○「収集日以外の日に出している。」「分別が十分にされていない。」「収集できないごみが入っている。」などの指定袋は収集しません。指定袋に「警告シール」を貼ってお知らせしますので、シールに書かれている内容のとおり、正しく出し直して下さい。

添付ファイル

家庭ごみの出し方_山田碓井嘉穂地区 [PDFファイル/4.4MB]

家庭ごみの出し方_稲築地区 [PDFファイル/4.5MB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


ごみの収集・自己搬入