ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 新型コロナウイルス感染症に関するお知らせ > 新型コロナウイルス対策を踏まえた適切な医療機関の受診について

本文

新型コロナウイルス対策を踏まえた適切な医療機関の受診について

記事ID:0017768 更新日:2020年10月2日更新

新型コロナウイルス対策を踏まえた適切な医療機関の受診(上手な医療機関のかかり方)について

 新型コロナウイルス感染症への感染を恐れて、医療機関への受診を控える傾向が強まっています。自己判断で受診を控えると、慢性疾患の症状が、悪化や免疫力低下によりウイルスに対抗できない状態になることがあります。
 まずは、かかりつけ医に相談され、コロナ禍においても、医療機関を適切に受診しましょう。

1.過度な受診控えは健康上のリスクを高めてしまう可能性があります。
2.コロナ禍でも持病の治療や予防接種・検診等の健康管理は重要です。
3.医療機関では感染防止対策が行われています。
4.具合が悪いなど健康に不安がある時は、まずかかりつけ医に相談しましょう。

※上手な医療のかかり方  https://kakarikata.mhlw.go.jp/index.html<外部リンク>
※厚生労働省ホームページ https://kakarikata.mhlw.go.jp/corona/index.html<外部リンク>
※福岡県ホームページ https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/jouzunairyoukikannnokakarikata20200818.html<外部リンク>