ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 農業 > 経営所得安定対策と水田活用の直接支払交付金

本文

経営所得安定対策と水田活用の直接支払交付金

記事ID:0003320 更新日:2019年12月23日更新

経営所得安定対策

 担い手農家の経営の安定のため、諸外国との生産条件の不利補正を目的とした「畑作物の直接支払交付金」と農業者の拠出による農業経営のセーフティーネット対策を目的とした「米・畑作物の収入減少影響緩和対策」から構成されます。
 対象者は、認定農業者、集落営農組織、認定新規就農者となっており、いずれも規模要件はありません。
 なお、集落営農組織については、法人化や農地利用集積が確実と市が判断する場合に限定されています。

関連リンク

 ​農林水産省(経営所得安定対策)<外部リンク>

水田活用の直接支払交付金

 食料自給率・自給力の向上のため、飼料用米、麦、大豆など戦略作物の本作化を進めることを目的とした戦略作物助成と、地域協議会が作成した「水田フル活用ビジョン」に定める二毛作や地域振興作物の作付などに関する取り組みを支援することを目的とした産地交付金から構成され、水田のフル活用を推進します。

資料

(平成31年度)
 嘉麻市水田フル活用ビジョン ​[PDFファイル/248KB]
 嘉麻市水田フル活用ビジョン 別紙産地交付金の活用方法の明細 ​[PDFファイル/211KB]

関連リンク

 ​農林水産省(米政策改革について)<外部リンク>

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)