お知らせ

令和第1回嘉麻市立織田廣喜美術館運営協議会会議録及び会議資料を公開します。

令和元年11月13日(水)に開催された会議の会議録及び会議資料を別添のとおり公開します。

1 会議の名称 令和元年度 第1回 織田廣喜美術館運営協議会
2 開催日時 令和元年11月13日(水)15:30〜16:30
3 開催場所 嘉麻市立織田廣喜美術館市民アトリエ
4 公開非公開の別 公開
5 非公開の理由(会議を非公開とした場合のみ)

会議録及び会議資料
http://www.city.kama.lg.jp/odahiroki/?attachment_id=6949

カテゴリー: お知らせ | コメントする

子どもたちプロデュース 第3回アートキッズ展

アートキッズは、小学生を対象とした教育普及事業で、表現力や豊かな感性を育むことを目的としています。今年度は22名の子どもたちが年14回の活動の中で、毎回テーマにそって美術館の収蔵作品を鑑賞、関連する作品を制作しました。本展覧会は、アートキッズの1年間の活動の成果を発表するもので、収蔵作品を鑑賞しながら制作した、子どもたちの「静物画」「風景画」などの作品を会場に展示いたします。美術館の収蔵作品とともにお楽しみください。

子どもたちプロデュースの展覧会
第3回アートキッズ展
時:12月14日(土)~1月26日(日)

子どもたちによるギャラリートーク
1月26日(日)10:30~(予定)
所:嘉麻市立織田廣喜美術館
問:所と同じ☎62・5173
12月の休館日:

2日(月)、9日(月)~12日(木)、16日(月)、23日(月)

12/28(土)~1/4(土)年末年始休館日

△張り子の技法を使って帽子を制作

△風景画をテーマに作品制作

 

 

大人の学美塾 最終回

 

11月2日。

大人の学美塾最終回が開催されました。

講師は、当館の松田学芸員です。

 

まず最初に、美術館の概要(開館日、設計、基本計画など)、収蔵点数、織田廣喜略歴、織田廣喜絵画世界を形作る要素などをスライドで説明してくれました。

 

父の画集を絵本代わりに見て育った織田廣喜さんは、ゴッホやゴーギャン、ミレーなどの画家を大人になっても尊敬していたそう。

 

その後は館内を一緒に見学してまわりました。

織田廣喜さんの作品の解説はもちろん、普段は入ることができない文書倉庫や収蔵庫の中も見ることでき、受講生も大変面白かったようです。

IPM(総合的病害虫管理)や防火扉、温湿度管理など、作品を守るための取り組みについても説明をうけました。

1、2回目の美術史の講座を経て、3回目に実際に作品を観ながら、美術館の中を回りましたが、歴史的な背景や画家同士の繋がり、美術館の設備を考えながらみると面白いですね。

 

受講生からは、

「歴史を知るとより深く絵画を見ることができました。」

「絵の見方が変わりました。」

「誰にも干渉されずにみるのもいいけれど、説明してもらうのが、大変良かったです。」

などの声がありました。

 

今回の講座を受講してまた次回のコレクション展が楽しみになったという方もいらっしゃり、うれしい限りです。

 

受講生の皆さん、ありがとうございました。

 

地域活動指導員 藤嶋 芳絵

カテゴリー: 教育普及 | コメントする

職場体験学習のご報告

去る9月11、12日の2日間、職場体験学習として嘉麻市立稲築中学校 第2学年4名の受け入れを行いました。

期間中には、受付でのお客様対応やチケット作成、館内外の清掃、作品の解説文の考案など、美術館職員の仕事を一通り体験してもらいました。

慣れない業務の連続で苦労が多かったかもしれませんが、お互いに協力しながら一生懸命取り組んでくれました。

以下、生徒たちの感想をご紹介します。

========================================

●僕が、2日間で学んだことは、美術館には作品しかないと思っていたけど、意外と戦争の頃の物や、弥生時代の物まであることを知りました。なので、職場体験に来れて色々なことを学び将来に繋げたいです。(中嶋 登生)

 

●僕が、この職場体験で印象に残ったことは、細かいところでも一生懸命掃除したりしていたことです。なので、この体験を自分の将来や学校生活に活かしていきたいと思います。(萩尾 圭汰)

 

●私が、この職場体験で印象に残ったことは、普段入れない場所に入って見学したことや、作品を触らせてもらえたり、絵を実際に飾らせてもらえたりしたことです。なので、物に対する扱い方を考え直そうと思いました。(佐々木 千夏)

 

●私が、この職場体験で印象に残ったことは、普段一般人は入れない所に入れさせてもらったり、美術館の裏側を見させてもらって、美術館は一見簡単そうに見えて実は大変な仕事だということが分かりました。(穴井 花)

========================================

 

今回の体験を通して学んだこと・感じたことを、いつか大人になって社会へ出ていく時に少しでも思い出してもらえると嬉しいです。

生徒の皆さん、本当にお疲れ様でした。

今度はお客さんとして、美術館へ遊びに来てくださいね。

職員皆でお待ちしています!

カテゴリー: 教育普及 | コメントする

「旅のフォトエッセイコンテスト」開催のお知らせ

この度、織田廣喜美術館では、「春のコレクション展2020 作家たちの旅行記-なぜ、そこを旅したのか?-」の関連イベントとして、“旅”をテーマにしたフォトエッセイコンテストを開催いたします。

国内・国外・泊り・日帰り、どんな旅でもOK!

ぜひ、皆さまの旅に関するフォトエッセイをお寄せください。

優秀作品には、当館よりささやかな賞品をプレゼントいたします。

また、春コレ会期中には、全ての応募作品を美術館ロビーにて展示いたします。

皆さまのご参加をお待ちしております!

 ※※※ご応募にあたっては、下記の開催要項を必ずご確認ください。※※※

旅のフォトエッセイコンテスト 応募要項

応募用紙

カテゴリー: 募集 | コメントする