お知らせ

児童画展と常設展示を鑑賞しました。(嘉穂小2年生編)

写真は嘉麻市立嘉穂小学校提供

2月6日の午前中に嘉穂小学校2年生児童たちが、開催中だった「福岡県小学校児童画展第13回嘉麻市展」の見学と合わせて常設展の見学にやってきました。

写真は嘉麻市立嘉穂小学校提供

写真は嘉麻市立嘉穂小学校提供

今回のガイドはアリエッティ先生こと有江です。

まずは、今日のメニューとして

①織田廣喜の絵をみてみよう。

②市内の小学生の絵をみてみよう。

③森の木琴を聞いてみよう。

としました。

 

写真は嘉麻市立嘉穂小学校提供

写真は嘉麻市立嘉穂小学校提供

 

昨年も見学にきているこの学年。
前回は代表作品の「讃歌」の絵を見ながらはなしましたので、
今回は300号の大作「ふるさと」(1992年第77回二科展出品作)についての話。

織田廣喜さんのふるさとと嘉穂小児童たちのふるさと。重なるところを探してみたりしながらいろんな言葉が子どもたちから発せられました。

その後は全員で児童画展の会場へ移り、自分や友だちの飾られている作品を探したり、好きな絵を探しては展示室の中を自由にまわります。

 

そして最後のメニュー

森の木琴を聞いてみよう!

誕生日が近い数名が選出されて、球をころがして美術館のエントランスに森の木琴を響き渡らせました。

 

写真は嘉麻市立嘉穂小学校提供

写真は嘉麻市立嘉穂小学校提供

嘉穂小2年生の皆さん。「讃歌」に続いて「ふるさと」も忘れないで、またオダビ探検に来てくださいね。

 

※写真は全て嘉麻市立嘉穂小学校提供

カテゴリー: 教育普及

天皇陛下御在位三十年記念慶祝事業の一環としての美術館無料公開について

平成31年2月24日に天皇陛下御在位三十年記念式典が挙行されます。

文化庁においても、式典当日に天皇陛下御在位三十年を記念する慶祝事業の一環として、国立の博物館及び美術館の常設展示などについての無料公開が行われる予定です。

ついては、嘉麻市においても、この趣旨に賛同し、慶祝事業の一環として嘉麻市立織田廣喜美術館の常設展示室の無料公開を実施いたしますのでお知らせいたします。

1.期  間 平成31年2月24日(日)

2.対象施設 嘉麻市立織田廣喜美術館常設展示室

カテゴリー: お知らせ

平成30年度第3回運営協議会を開催いたします。

織田廣喜美術館では下記の日程で、本年度3回目となる運営協議会を開催いたします。

議会等の名称 平成30年度第3回 嘉麻市立織田廣喜美術館運営協議会
会議の公開、非公開 公開
会議の開催日時 平成31年3月26日(火)午前10時30分から
会議の開催場所 嘉麻市立碓井図書館 集会室(2階)
議題 (1) 平成30年度事業経過報告について
(2) 平成31年度事業計画について
(3) その他
傍聴定員 5人
傍聴手続 (1)傍聴希望者は、上記の開催予定時刻までに会場へお越しください。会場で受付を行います。なお、氏名と住所をご記入願います。
(2)受付開始時間は、当日午後1時からです。
(3)傍聴の受付は、先着順に行い、定員になり次第終了しますので、ご了承願います。
問い合わせ先 生涯学習課 美術館係
電話 0948―62―5173

 

嘉麻市立織田廣喜美術館運営協議会とは
嘉麻嘉麻市立織田廣喜条例第19条に規定する組織で、美術館の運営に関し、館長の諮問に応じるとともに、館長に対して意見を述べるものです。

運営協議会は、委員8人以内をもって組織され、次に掲げる者のうちから教育委員会が委嘱しています。
詳しくは下記のリンクを御覧ください。

カテゴリー: お知らせ | コメントする

美術館運営協議会公募委員を募集いたします。

嘉麻市立織田廣喜美術館では、市民から幅広く美術館運営に関する意見を聴き、より良い美術館運営に努めるため、委員の公募を行います。

●業務:
嘉麻市立織田廣喜美術館運営協議会は、嘉麻市立織田廣喜美術館条例第19条に基づき設置され、美術館の運営に関し、館長の諮問等に応じ意見を述べます。

●選出区分:
嘉麻市立織田廣喜美術館条例第19条第3項第5号に規定する「市民からの公募による者」とします。

●応募資格:
次に掲げる要件の全てを満たしている人。
(1)応募日現在、嘉麻市在住又は在勤していること。
(2)平成31年4月1日現在において20歳以上であること。
(3)美術館運営に関心があり、年5回程度の会議に出席できること。

●募集人数:
1名

●任期:
平成31年4月1日から1年間とします。
(残任期間)

その他詳細は添付の募集要項及び公募用紙をご覧ください。

 

01_H31織田廣喜美術館運営協議会委員公募要項

02_H31織田廣喜美術館運営協議会公募用紙

カテゴリー: 募集 | コメントする

アートキッズ最終回

1月20日のアートキッズ最終回では、子どもたちによるギャラリートークを行いました。

 

お客様の前で、織田廣喜の絵をみた感想や、アートキッズの感想や、

自分の作品について語る子どもたち。

「これからは、絵をもっと上手にしたり、みんなのお手本をめざしたいです。」

「一人で心配だったけど、いつのまにかアートキッズに来るのがまちどおしくなっていました。」

「私の作った作品の中では、ふしぎないきものを一番がんばりました。色塗りがとても大変でした。」

 

たくさんの保護者の方が、観に来ていましたが、

みんな緊張しながらも、しっかり話すことができました。

 

 

ギャラリートークが終わった後は、アトリエで閉講式を行い、

館長から一人ひとり修了証が渡されました。

 

ボランティアの皆さんには感謝状が授与されました。

 

あっという間の14回でしたが、心に残るたくさんの思い出や作品を残してくれました。

 

アートキッズ参加者、保護者、ボランティアの皆様へお礼申し上げます。

1年間ありがとうございました。

 

 

地域活動指導員 藤嶋 芳絵

 

カテゴリー: 教育普及 | コメントする