お知らせ

ようこそ、ぼくらの妖精の庭へ②

 

近畿大学産業理工学部連携事業「ようこそ、ぼくらの妖精の庭へ」2日目。

 

この日は、ダンスの撮影から始まりました。

用意されたスタジオで、練習したダンスを踊る子どもたち。

その様子を、スマートフォンで大学生が撮影しました。

ダンスの映像をパソコンに取り入れて、音楽やアニメーションと合成します。

子どもたちもその様子に興味津々。

 

いったいどんな映像になるんでしょうか。

 

午後は、発表会が開催されました。

それぞれの妖精について皆の前で発表。

 

 

「妖精の名前はザーです。雨を降らせる能力を持っています。」

「この妖精の好きな食べ物は、オムライスです。」

「僕の妖精は、空を飛べる力があります。」

「私の妖精の名前は、シルバーミスト。水を操ることが出来ます。」

いろんな能力を持った可愛い妖精が誕生しました。

子どもたちが自分の妖精を発表して光らせるごとに、スクリーンに映し出された藤の木の元気度が上がっていきます。

 

全員の妖精が揃うと、藤の木に変化が!

「みんなのおかげで元気になりました。今度オダビに会いにきてね。」

藤の木が光って、おしゃべりを始めました。

藤の木もお友達の妖精が増えて、元気になったようです。

最後に学生達が制作してくれた映像をみんなで見ました。

子ども達のダンスや音楽に合わせて、妖精も踊ります。

素敵な演出に子どもたちも保護者もとても嬉しそうでした。

2日間で、すっかり仲良くなった子どもと学生たち。

たくさんの思い出ができました。

この事業のために、夜遅くまでダンスを考えたり、映像を編集したり、一生懸命作業していた学生達。

直前の会場変更でも素敵な演出を考えてくれた先生方、

参加者の皆様、保護者の皆様、ありがとうございました。

地域活動指導員 藤嶋 芳絵

 

 

カテゴリー: 教育普及 | コメントする

ようこそ、ぼくらの妖精の庭へ①

 

10月21日と22日。

近畿大学と連携した事業、「ようこそ、ぼくらの妖精の庭へ」を開催しました。

 

本当は、美術館隣の琴平公園で実施する予定でしたが、台風の接近により、悪天候が予想されるため、急きょ、大隈体育館での開催となりました。

 

実は、碓井琴平公園には、大きな藤の木があります。その藤の木には、仲よしの妖精がいたのですが、その妖精がいなくなってしまったそう。

だから、みんなで妖精を作ってあげて、藤の木を元気にしよう!というこの企画。

 

 

藤の木のお話を聞いた後、グループに分かれて、さっそく妖精作りを開始しました。

 

プラスチック製の段ボールに、お家で考えてきた妖精を大きく描いていきます。

 

 

マジックで色塗りをして組立てたら、1日目の午前中の作業は終了です。

お昼ご飯も体育館の中でみんなで食べました。今日初めて会うのに、もうみんなすっかり仲良くなっています。

 

 

午後は、妖精に取り付ける、機械の組み立てを行いました。

 

ブレッドボードに、センサーやICレコーダー,LEDライト,電池ボックスを取り付けていきます。

黒や赤、青など色分けされたワイヤーを指定の場所につないでいきます。

間違えるとうまく作動しないので、慎重に。

 

配線ができたら、ホットボンドで線が抜けないように固定しました。

機械ができたら、ボイスレコーダーの位置やライトが光る位置を調節して、妖精の内部に取り付けました。

最後に藤の木が元気になるメッセージを吹き込むと、話したり、光ったりする妖精の完成。

 

それから、妖精さんと踊るダンスをみんなで考えました。

 

大学生にダンスと音楽を教えてもらって、一生懸命練習する子どもたち。

 

2日目は、ダンスの撮影を行います。

地域活動指導員 藤嶋 芳絵

カテゴリー: 教育普及 | コメントする

アートキッズ⑫

10月15日。

アートキッズ12回目を開催しました。

今回のテーマは、「ミュージアムグッズをつくろう」。

講師は、坂本鷹也先生(坂本鷹也HP)です。

 

みんなで、オリジナルの缶バッジや、マグネット、ポストカードを制作しました。

 

まずは、缶バッジとマグネット作り。

「真ん中に絵がくるように、描こう。」

「自分のサインも忘れずにいれようね。」

 

先生からの注意事項を守り、専用の用紙に絵を描いていく子どもたち。

 

絵が描けたら、専用の機械にセットします。

 

機械を操作すると、缶バッジやマグネットの出来上がり。

 

虫や、動物などそれぞれの好きなものや、色、柄の入った、サイン入りのオリジナルのミュージアムグッズが完成しました。

 

最後に袋にいれて、リボンを付けたり、シールを付けたりして、きちんとラッピングしたあと、それぞれ自分のグッズの値段を考えて、値札を付けました。

 

「これは、上手にできたから、一番値段を高くしよう。」

「ちゃんとリボンや袋の費用もいれて、値段も考えたよ。」

 

0円から35億円までいろいろな値段になりました。

みんな、素敵なグッズができて、満足したようです。

家族や友達にプレゼントしてくださいね。

 

地域活動指導員 藤嶋 芳絵

 

カテゴリー: 教育普及 | コメントする

日本画教室⑤

 

 

10月14日。日本画教室5回目を開催しました。

 

今回は、下地作りや金箔貼りの続きを行いました。

 

皆さん、最初は思ったとおりに貼れなかった金箔が、回数を重ねるにつれ、だんだんと上手に貼れるようになったようです。

金箔を貼らない人は、写生した絵を草稿用紙に移して彩色する、下図を作る作業を行いました。

 

隣の人に転写の方法を教えてもらったり、お互いの写生した絵を批評しあったり、

和やかに進んでいきました。

 

 

次回は、本紙に転写して彩色を行います。

地域活動指導員 藤嶋 芳絵

カテゴリー: 教育普及 | コメントする

ようこそ、ぼくらの妖精の庭へ 内容一部変更のお知らせ

 

10月21日(土)10時から実施予定の近畿大学産業理工学部連携事業「ようこそ、ぼくらの妖精の庭へ」は、台風の接近が予想されるため、下記のとおり、内容を一部変更いたします。

 

変更に伴い、皆様のご予定等、ご迷惑をお掛けしました事深くお詫び申し上げます。

 

変更後

日時:10月21日(土) 10:00~16:00

10月22日(日) 10:00~16:00

※予定しておりました日没後のライトアップは中止いたします。

 

場所:嘉麻市大隈体育館(両日とも)