お知らせ

アートキッズ③

7月8日。アートキッズ3回目を開催しました。

今回のテーマは、「たべもの」です。

この日は、まず、嘉麻市の花や木、嘉麻市で育てられている農作物について学びました。

 

織田廣喜美術館がある嘉麻市は、山に囲まれて、自然豊か。嘉麻市の72%が

森や耕作地です。お米や野菜、果物などたくさんの農作物が育てられています。

それから、「田園風景」、「稲刈りをする人」、「やぎのいる果樹園」、「花の咲くナシ畑」、「果物の静物」など織田さんが描いた食べ物に関わる絵をみんなで見ました。

最後に「レストランリラ」という織田さんの絵を見た後、このレストランが嘉麻市にあったら、どんな料理が食べたいか想像して絵に描いてもらいました。

絵の具と道具の置き方や、パレットの使い方を学んだあと、食べ物の絵を描いていく子どもたち。

 

「かまししちゃんサンドイッチ。食べると元気がでます。」

「チョコレートの木とチョコレートのカブトムシ。プリンのタワーも描きました。」

「私はネコがかかれたオムライスを描きました。」

「おいしい白ごはんを食べたいです。」

「とても大きな肉から小さな肉まで食べられる肉のまつりの絵を描きました。」

「いろんな果物のゼリーが入ったデザートを描きました。」

 

 

いろんな食べ物の絵が完成。みんな、お皿の色や模様までたくさん考えて描いてくれました。

次回は7月15日。「ひと」をテーマに活動します。

地域活動指導員 藤嶋 芳絵

カテゴリー: 教育普及 | コメントする

台風第7号の接近に伴う臨時休館について

嘉麻市立織田廣喜美術館は、台風第7号の接近に伴い下記のとおり臨時休館いたしますのでお知らせいたします。
ご来館予定の皆さまにはご迷惑をお掛けいたしますがご理解、ご了承いただきますようお願いいたします。

              記

臨時休館期間
平成30年7月3日(火)9:30〜17:30

君も“コビト研究家”に!

9月1日より当館で開催の「なばたとしたか絵本原画展」にちなみ、市内学校との連携授業を行っています。

今回一緒に活動をしたのは、嘉麻市立 稲築東中学校1年生の2クラス。

生徒たちの中には、“コビトのファン”もいるとのこと。他の生徒たちもほとんどがコビトの存在を知っています。

 

「コビトは知っているけれど、詳しいコビトの生態はどんな感じなのだろう?」

「カクレモモジリの他にもたくさんのコビトがいるみたいだけど…?」

「コビト単体では知っているけれど、絵本はまだ読んだことがないな」

初回の授業では、コビトの知らない部分をもっと知っていこう!ということで、絵本『こびとづかん』の読み聞かせと、なばたとしたかさんの紹介等を行いました。

 

今後は、なばたさんの「コビト研究家」としての仕事を体験するために、自分たちの学校に住む新種のコビトを探していきます。

生徒たちの発見したコビトは、いつかオダビにも遊びに来てくれるかも?!

授業風景

アートキッズ②

アートキッズ2回目は、まず、色について調査しました。

美術館にある織田廣喜の絵には、色の名前がついている作品が数点あります。絵を見ながら、何色が絵の名前に使われているのかみんなで考えました。

そのあとは、色の三原色や、色の反対色、色のグループについて学びました。

 

 

 

 

 

 

 

それから、色鉛筆の使い方の練習をしたあと、1年間使うファイルの表紙に好きな色、好きな模様を書いてもらいました。

 

 

 

 

 

 

次は、織田廣喜が描いた故郷の絵や、いろいろな建物が描かれた絵について調査しました。みんなで絵をみて、嘉麻市のどこの地域が描かれているのか、何の建物が描かれているのかを考えました。

そのあとは、子どもたちに嘉麻市にあったらいいなと思う建物や風景を描いてもらいました。

 

水族館や、たくさんフルーツや本が生る木、広い草原でサッカーができるところ、85階建のエレベーター(滑り台付)、遊園地やスケート場、王様とお姫様がいるお城、温泉施設など、さまざまな建物や風景の絵を描く子どもたち。

 

自分が描いた絵と一緒に、嘉麻市の好きな場所や風景もあわせて発表してもらいました。

「本がたくさんあるから、嘉穂図書館が好きです。」

「自然がいっぱいで景色がきれいなので、遠賀川源流地点が好き。」

「虫がいるから、嘉麻市の森が好き。」

「山田にあるパン屋さん。おいしいパンがたくさんあるから好きです。」

「家の窓から一両編成の電車がみえるところが好きです。」

子どもたちそれぞれに嘉麻市の好きな場所やお気に入りの風景があるようです。

 

次回は、絵に描かれている食べ物について調査します。

 

地域活動指導員 藤嶋 芳絵

カテゴリー: 教育普及 | コメントする

公園オブジェへの接触禁止について

接触禁止対象オブジェ
接触禁止対象オブジェ

接触禁止対象オブジェ

美術館横の芝生広場内に設置しているオブジェについて、平成30年6月18日に制作者である門脇おさむ氏による経年変化などの調査が行われ、一部遊具の可動部に異常が発見されましたので、安全確保のため当分の間の接触禁止とします。
ご理解のほどお願いいたします。