お知らせ

ようこそ、ぼくらの妖精の庭へ 延期のお知らせ

 

近畿大学産業理工学部連携事業「ようこそ、ぼくらの妖精の庭へ」

延期のお知らせ

 

9月17日(日)13時から実施予定でした近畿大学産業理工学部連携事業「ようこそ、ぼくらの妖精の庭へ」は、台風接近による悪天候のため、下記のとおり、延期といたします。

変更に伴い、皆様のご予定等、ご迷惑をおかけしました事深くお詫びを申し上げるとともに、皆様のご参加を心よりお待ちいたしております。

 

 

 

変更後

日時:10月21日(土) 10:00~

10月22日(日) 10:00~

ライトアップ 10月22日(日)日没後~

 

 

ギャラリートーク延期のお知らせ

 

アートキッズ展「こどもたちによるギャラリートーク」延期のお知らせ

 

9月17日(日)11時から実施予定でしたアートキッズ参加児童によるギャラリートークは、台風接近による悪天候のため、下記のとおり、延期といたします。

変更に伴い、皆様のご予定等、ご迷惑をおかけしました事深くお詫びを申し上げるとともに、皆様のご参加を心よりお待ちいたしております。

 

 

変更後

日時:9月24日(日)11:00~

 

台風18号の接近に伴う臨時休館について

嘉麻市立織田廣喜美術館は、台風第18号の接近に伴い下記のとおり臨時休館いたしますのでお知らせいたします。
ご来館予定の皆さまにはご迷惑をお掛けいたしますがご理解、ご了承いただきますようお願いいたします。

              記

臨時休館期間
平成29年9月16日(土)15:00〜17:30
平成29年9月17日(日)9:30~17:30

アートキッズ展開催中です。

織田廣喜美術館では、子どものための展覧会「アートキッズ展」が開催中です。

「○○なひと」をテーマに、アートキッズ参加者が選んだ絵画20点と、

その絵から子どもたちが創造した作品を展示しています。

実際に展示している子どもたちが制作した作品をご紹介します。

もととなった絵はどんな絵なのか、子どもたちがなぜその絵を選んだのか、

ぜひ会場でお楽しみください。

 

作品紹介①

小学2年生の作品

花の絵と想像した物語を書いてくれました。

墨を使って描いてくれましたが、むずかしかったようです。

 

選んだテーマ:うれしいひと

選んだ絵:花の図(斎藤南北、2002年)

感想:花がいっぱい増えて喜んでいるところの絵だと思った。

 

作品紹介②

小学2年生の作品

絵のなかのお家を作ってくれました。

 

選んだテーマ:きれいなひと

選んだ絵:坂と港のある風景(木村健一、1990年)

感想:絵をみたとき、家がきれいと思った。きれいな色を使って家を作った。

色塗りが難しかった。

 

作品紹介③

小学3年生の作品

絵の中の人が持っているカサをつくってくれました。

 

選んだテーマ:きれいなひと

選んだ絵:セーヌ風景B (織田廣喜、1962年)

感想:色塗りを頑張ったので、色をみてほしい。

絵を見たとき、傘を持って歩いている人がきれいだと思った。

 

作品紹介④

小学3年生の作品

絵の中の女の人が着ているドレスを作ってくれました。

 

選んだテーマ:かなしいひと

選んだ絵:GARDEN(ガーデン)(織田廣比古、1997年)

感想:ドレスを作って楽しかった。形を決めるのが、難しかった。

絵を見たとき、茶色のドレスを着ている人が、悲しい顔をしていると思った。

 

作品紹介⑤

小学2年生の作品

絵の少女が身につけている帽子と赤い洋服を作ってくれました。

 

 

選んだテーマ:かなしいひと

選んだ絵:少女(織田廣喜、1974年)

感想:帽子の色を塗るのが上手に出来た。

絵をみているとだんだん悲しそうにみえてきた。

 

作品紹介⑥

小学4年生の作品

メリーゴーランドの馬を作ってくれました。

 

選んだテーマ:たのしいひと

選んだ絵:メリーゴーランド(織田廣喜、1997年)

感想:なんで空の色が黄色なのか知りたいと思った。

遊園地でメリーゴーランドに乗っているから楽しそうと思った。

 

作品紹介⑦

小学2年生の作品

絵の中のシャンデリアを針金とビーズで作ってくれました。

曲げるところとビーズをつけるところが難しかったそう。

 

選んだテーマ:たのしいひと

選んだ絵:ムーランの踊り子達(織田廣喜、1992年)

感想:絵をみたときに、女の人が柱にかくれているところ、踊っている人がみんな黄色い服をきているから面白いと思った。

 

作品紹介⑧

小学2年生の作品

絵の中の色を使った乗り物を作ってくれました。

 

選んだテーマ:しらないひと

選んだ絵:スーパーポジションNBR(小鶴幸一、1992年)

感想:絵は、思っていたより、大きくてびっくりした。

 

作品紹介⑨

小学3年生の作品

絵の中の仏像を作ってくれました。

 

選んだテーマ:おおきいひと

選んだ絵:讃岐国白峯寺(江藤正雄)

感想:色がまざらないようにするところが難しかった。

 

作品紹介⑩

小学4年生の作品

お坊さんの服とお寺を作ってくれました。

 

選んだテーマ:しずかなひと

選んだ絵:阿波国立江寺 飯田(江藤正雄)

感想:アートキッズに参加して友達がたくさん作れたので良かった。

絵をみたとき、静かな風景や色だと思った。

 

作品紹介⑪

小学2年生の作品

絵の中の花びんと花を作ってくれました。

 

選んだテーマ:しずかなひと

選んだ絵:K子の部屋(前川泰造、1986年)

感想:絵の中にあるものを考えて、本当に作って楽しかった。

絵を見たとき、人が部屋で静かにたおれているところだと思った。

 

作品紹介⑫

小学1年生の作品

絵の中の花を描いてくれました。

 

選んだテーマ:おもしろいひと

選んだ絵:sora(久芝 幸、2012年)

感想:描きたかったから描いた。

 

作品紹介⑬

小学2年生の作品

絵の中の人が着ているドレスを作ってくれました。

 

選んだテーマ:おもしろいひと

選んだ絵:レストランモンパルナス(織田廣喜、1980年)

感想:アートキッズの活動は、楽しかった。

絵は、レストランに3人家族が子どもの誕生日に来て、

ケーキとか食べているところだと思った。

 

作品紹介⑭

小学4年生の作品

絵の中の人が着ているドレスを作ってくれました。

 

選んだテーマ:おもしろいひと

選んだ絵:闘牛(スペイン)(織田廣喜、1963年)

感想:アートキッズの活動は、楽しかった。

 

作品紹介⑮

小学4年生の作品

絵に使われている色でシュシュを作ってくれました。

 

選んだテーマ:おもしろいひと

選んだ絵:よこたわる少女(織田廣喜、1961年)

感想:最初に絵をみたときは、ドアから、人が半分出ているところの絵だと思った。

 

作品紹介⑯

小学2年生の作品

絵の中の鳥を作ってくれました。目を白くして、作品を明るくするところが難しかったそう。

 

選んだテーマ:かわいいひと

選んだ絵:水鳥のいる風景(織田廣喜、1977年)

感想:絵を見た時に、空に浮かんでいるものはカラスで、黄色いものは夕日だと思った。にぎやかな色だから、可愛いと思った。

 

作品紹介⑰

小学3年生の作品

絵の中の花と建物を針金や折り紙を使って、立体的に作ってくれました。

 

選んだテーマ:かわいいひと

選んだ絵:早春(熊本くにみ、1995年)

感想:絵を見た時、葉っぱの形がお洒落で四つ葉みたいなのがかわいいと思った。色もかわいいと思った。

 

作品紹介⑱

小学1年生の作品

絵の中の少女が身につけている帽子を作ってくれました。

 

選んだテーマ:かわいいひと

選んだ絵:少女(織田廣喜、1987年)

感想:青色を作るのが、難しかった。絵を見たとき、帽子が可愛いと思った。

 

作品紹介⑲

小学3年生の作品

絵の中の機関車を作ってくれました。

 

選んだテーマ:かっこいいひと

選んだ絵:臼井駅洗炭場(織田廣喜、1996年)

感想:絵は真夜中の12時で、23歳の人が機関車の見張りをしているところだと思った。

 

作品紹介⑳

小学1年生の作品

絵の中のお城と魔法の絨毯を作ってくれました。

 

選んだテーマ:だいすきなひと

選んだ絵:サロンロードの女(織田廣喜、1991年)

感想:上手にできた。絵をみたとき、3人の女の人が仲よしそうだったからこの絵を選んだ。月があったので、夜かなと思いました。

アートキッズに石川えりこさんが来てくれました。

 

6月からはじまったアートキッズは、嘉麻市の小学生20名が参加してしています。

6月から7月は、美術館の施設について学んだり、美術館の収蔵品について学んだり、展示をしたり、インプロ集団モザイクスさんと一緒に絵をみたり、アートキッズ展(美術館HP)に向けての様々な活動を行いました。

 

アートキッズ10回目のテーマは、「みんなで絵をかこう」。

特別講師として、石川えりこさん(美術館HP)が来て下さいました。

 

まずはみんなで名札を作って、石川えりこさんに自己紹介をしました 。

そのあと石川えりこさんは、オイルパステルのいろんな使い方を教えてくれました。

「オイルパステルでどんなことができるかな?」

「こうしてみたらどうなるだろう??」

 

石川さんの真似をして、こどもたちも色を塗ったり、線を描いたり、色を重ねたり、

ひっかいたり、油でのばしたり、削ったり。

オイルパステルを使って、一生懸命、いろんな紙を作っていきます。

いろんな紙ができたら、それをボードに貼っていきました。

 

最後は皆で鑑賞会をしました。

いろんなかたち、いろんな色、いろんな模様があって、それぞれ面白いですね。

帰る時間ぎりぎりまで子どもたちの手は止まらず、まだまだ作り足りないようでした。

 

オイルパステルで絵を描く楽しさを教えてくれた石川先生、ありがとうございました。

 

地域活動指導員 藤嶋 芳絵

カテゴリー: 教育普及 | コメントする