日本画教室⑦

日本画教室7回目は、本紙の制作の続きを行いました。

工程を説明する森田先生。

 

◀1回目で和紙を水張りしたパネル

▲パネルに金箔を貼ったり、水干絵の具を塗って下地を作ります。

 

▲トレーシングペーパー等で、デッサンしたモチーフを転写します。

▲転写した線を、墨や胡粉、水干絵の具でなぞります。

▲線描きが終わったら、絵の具で彩色します。

▲たらし込みや彫り塗りなどの技法を説明する先生。

 

先生や周りの人に相談しながら、作品を仕上げていく受講生たち。

あと2回で完成する予定です。

 

地域活動指導員 藤嶋 芳絵


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>