撮影秘話が明かされました!

1月14日の午後2時、オダビエンナーレ2017写真家四宮佑次「風に吹かれてin嘉麻」のトークセッション第2弾を行いました。

 

今回の講師は、展覧会のきっかけとなった嘉麻市の広報誌「広報嘉麻」の編集をされました株式会社トーンプロデューサーの小野田隆太朗さんと写真家四宮佑次さんのお二人にお越しいただきました。

1年間撮影を共に回ったお二人しか知らない話も飛び出し、展示中の「風に吹かれてin嘉麻」全60点、そして嘉麻を撮影で回り感じたものを文字で表現した書作品8点について会場を回りながら解説していただきました。

 

今回の展示は、展示作品全体で四宮さんのイメージする「嘉麻」を表現しているため、どこで撮影されたかは明記されておりません。しかしながら、やはり場所が気になるところでして、講師のお二人が1点1点丁寧にどこで撮影したと解説があり、嘉麻市に気づいていないだけで面白い風景はたくさんあると改めて感じる内容となりました。

質疑応答の際には、やはりプロの写真家がどのような機材を使用しているのかは気になるところで、「四宮先生はどのようなカメラを使用していますか?」との質問が飛び出し、惜しげもなくカメラのお値段まで教えていただきました。

楽しい時間はあっという間に過ぎ、大盛況で終了しました。

ご来場いただきましたみなさま、ありがとうございました。

 

学芸員 三戸


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>