ランチハウスづくり1日目(近大連携ワークショップ①)

近畿大学産業理工学部建築デザイン学科准教授、金子哲大先生と19名の大学生の皆さんとの連携ワークショップ「ようこそ、ぼくらのランチハウスへ!」が10月12日、13日の2日間で実施されました!

 

 

“オダビの横の芝生広場にランチハウスを建てて、完成後は家族を招いて一緒にハウスの中でお弁当を食べよう!”というこの企画。

 

小学3年生から6年生の元気な子供たちが参加しました。

 

 

 

 

先生の話を聞いた後は、外にでて、ぐるりと芝生の上を散策します。

 

さあ、どこにお家をたてようか?

 

今回のワークショップでは、子ども達1人1人に大学生のお兄さんお姉さんが“バディ(相棒)”となって制作をお手伝いします!心強いですね~!

まずは、バディとともにランチハウスの基礎づくりへ。

 

 

 


床にはかたくて丈夫な合板と柔らかなダンボール板を敷き、風にも負けない梁を組み立てていきます。

どういう風にガムテープをつけると丈夫かな?  入口はどっちにしようかな?

完成図をイメージしながらどんどんと組み建てます。

 

だんだん、ランチハウスの形が出来上がってきました!

 

 

 

さあ、ここからはオリジナリティのあるランチハウスにデザインする番です!

 

チョークやペン、クレヨン、色紙、いろんな材料をつかってデコレーション!

それぞれのランチハウスに個性がでてきましたね。

 

 

 

子どもたちの沢山のアイデアを、一緒になって形にしてくれた最強のバディ。子どもたちともすっかり仲良しです♪

 

 

そっと子ども達を見守るこの看板は、嘉穂中学校の生徒たちが職場体験で手作りしてくれたもの。とってもかわいい看板に仕上げてくれました♪

 

 

ランチハウス2日目はこちらへ⇒


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>