『街中の織田廣喜⑤:碓井小学校編』

『街中の織田廣喜』も今回で最終回。

 

美術館から車で5分の嘉麻市立碓井小学校にお邪魔しました。

碓井小学校地図

 

今回の作品は、小学校の体育館にあります。

 

 

そこには、1993年に織田廣喜の絵「讃歌」をもとに作られた緞帳(どんちょう)がありました。

 

賛美歌を歌う4人の女性や

 

洋服のひだや、影

 

織田廣喜のサインも再現されています。

 

 

 

以前は、入学式や卒業式などの行事の際に観ることが出来ましたが、

現在は、老朽化の為めったに降ろされることはないそうです。

 

「讃歌」は、織田廣喜美術館の目玉作品の一つであり、常設展示で観ることが出来ます。

壁1面に飾られている500号(325.5cm×249.5cm)の大作で、

1950年の第35回二科展にも出品され、

この二科展で織田廣喜は二科会の会員に推挙されました。

牧歌的で、農村の風土が感じられる色調の絵には、

織田廣喜の郷里への思いがにじんでいます。

 

今回で、「街中の織田廣喜」も最終回となりましたが、

取材を通じて、街の日常に溶け込む織田廣喜の作品を見つけることが出来ました。

美術館で飾られている作品とは違う魅力をもつ作品たちは

これからも嘉麻市の人々の生活を見守っていくことでしょう。

 

お忙しい中、快く取材に協力していただいた関係者の皆様、ありがとうございました!!

 

追記

第4回目(街中の織田廣喜④:嘉穂総合体育館編)で紹介した嘉穂総合体育館の「シャンゼリゼ」は、この度美術館で収蔵することとなりました。

現在開催中の「春のコレクション展2015」(4月19日まで)で観ることが出来ます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>