夢を描く鉄道画の巨匠 木村定男の世界展

木村定男の世界展ポスター

木村定男の世界展ポスター

明治時代中期に始まる日本の乗り物画及び絵本の歴史100余年の中で、質量ともにもっとも優れた画家が木村定男です。木村は終戦復員直後の1945(昭和20)年から亡くなる1999(平成11)年までの54年の間に約2000点といわれる数多くの作品を遺しましたが、そのほとんどが乗り物をテーマに描いた作品でした。

機関車朝景

機関車朝景

特筆すべきは戦後の荒廃した世相の中で、大人子供を問わず当時の日本人に復興への夢と希望を与えたひとつが木村の仕事であり、それが乗り物絵本のために描かれた作品群です。

超特急「つばめ号」の箱根超え

超特急「つばめ号」の箱根超え

 

木村の作品は絵本となって子供、特に少年たちの豊かな文化に対する憧れを大いに掻き立てました。本屋の店先には木村が描いた蒸気機関車や特急電車の表紙に飾られた絵本が必ずといってよいほど並べられました。そして子供たちはそれをむさぼるように読み、まだ見たこともない夢の列車に思いを馳せ、自分もいつかはこれに乗るんだという熱い思いをたぎらせたのです。

特急電車・こだま号の登場

特急電車・こだま号の登場

やがて昭和20年代半ばになると実際の鉄道も復興し、蒸気機関車はもとより、電車、特急電車、電気機関車などが次々に登場するようになります。経済復興のエネルギーにも押され、10社を超える出版社で多くの画家たちが次々に乗り物絵本を出版しましたが、木村はいわばその先導者で中心的な画家でありました。

1956(昭和31)年になると東海道線に特急「つばめ」、特急「こだま」、寝台特急「あさかぜ」が運行されます。極め付けが1964(昭和39)年の東京オリンピックと連動して開業された「東海道新幹線」の開通です。まさしく当時の日本人は皆さらなる経済発展に向かっていました。その象徴として新幹線はとらえられていたのです。木村もその新幹線の歴史を作品で表現しています。

世界最大の蒸気機関車「ビッグ・ボーイ」

世界最大の蒸気機関車「ビッグ・ボーイ」

木村はその類まれなるデッサン力と構図の巧みさと立体感の表現力によって、単に機関車のメカニックを描いただけではなく、一台の機関車がまるで人格や意思を持っているかのように愛情をこめて表現しました。この木村の優しい感性と情熱が見る人に伝わるからこそいまだに多くのファンを持つのでしょう。

【木村定男略歴】
1922年(T11)大阪に生まれる。
1941年(S16)大阪美術学校西洋画部本科入学。
1943年(S18)第6回文展入選。
1946年(S21)第2回新日本美術展佳作賞受賞。
1947年(S22)大阪市立都島工業専門学校講師着任。
1948年(S23)教職退任。出版美術界へ転向。
1957年(S32)神奈川県逗子市へ移住。
1976年(S51)東京大丸にて第1回個展開催。
1977年(S52)江ノ電デパートにて江ノ電開通記念個展開催。
1978年(S53)世界の鉄道取材のため渡仏。
1982年(S57)有楽町そごうにて個展開催
1999年(H11)12月没。享年77歳。

関連事業

●九州鉄道記念館 佐藤正昭館長 講演会
日時/7月21日(月/祝)13:30~
会場/館内市民アトリエ
参加費/無料
定員/50名
事前申込み/不要

 

●原画鉄道721 オダビの中を走れぼくらのトイ・トレイン
日時/7月19日(土)~7月21日(月/祝)
※線路敷設7月19日10:00~12:00

美術館エントランスから原画展会場までトイ・トレインのレールを敷設し、3日間自宅の自慢のトイ・トレインを持参して走らせる参加型の展示。

参加無料(但し原画展会場へ入場する場合は入館料が必要です。)

 

Chikuhou鉄子の部屋
日時/7月12日(土)~7月27日(日)
会場/館内サロン
毎月1回テーマを決めて活動する筑豊女子限定の写真サークル「Chikuhou女子カメラ」による、女子目線の鉄道関連写真展
同会場は入場無料


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>