オダビエンナーレ2015

オダビエンナーレは、嘉麻市と関連性をもったアートプログラムを隔年でおこなうもので今回が2回目の開催となります。

コンセプチャルテーマ:思い出

材料のテーマ:木と紙

6月から8月の下旬にかけ、嘉麻市レジデンシー・ビエンナーレが開催されました。
嘉麻市の廃校となった千手小学校で、4名のオランダ人クリエイターと3名の日本人が地元の職人とアーティストと共に、新しい作品を創作したのです。
その中で、異文化交流会や英会話教室など、様々なイベントが開催されました。
レジデンシー終了後、レジデンシー期間中に創作した作品は嘉麻市立織田廣喜美術館、東京、アムステルダムの様々なギャラリーや美術館で展示されます。

KAMA CITY RESIDENCY BIENNALEの公式サイト
KAMA CITY RESIDENCY BIENNALEfacebookページ 

01 02 / Klara van Duijkeren & Vincent Schipper(The Future)
Publishing・Design / Amsterdam

Klara van Duijkeren /photo by Anne Claire de Breij

Klara van Duijkeren /photo by Anne Claire de Breij

 

Vincent Schipper /photo by Anne Claire de Breij

Vincent Schipper /photo by Anne Claire de Breij

今回のアーティスト・イン・レジデンスのキュレーターを務めたThe Future The Future はオランダの首都アムステルダムを拠点とし、出版およびキュレーションを行うデュオです。彼らは、印刷物やその他メディアに関する新しく実験的なアイディアを世界的な人々に向けて出版、拡散することを主に行っています。
http://printthefuture.nl/

03 / Ryoichi Nakamura 中村亮一
Fine Arts・Oil Paint / Tokyo

Ryoichi Nakamura / photo by Anne Claire de Breij

Ryoichi Nakamura / photo by Anne Claire de Breij

2002年東京造形大学美術学科絵画専攻に入学するが、2003年同大学を休学し、単身ベルリンへ渡ります。2004年ベルリン長期滞在を理由に同大学を自主退学、それから4年間ベルリンを拠点に活動。2012年からは新素材に挑戦し、従来の四角いキャンバスから有機的な形をした支持体を用いた作品を制作しています。
Ryoichi Nakamura’s works play with a mixture of fantasic realism and personal memory, painted on large wooden panels using special oil and polyester resin. After the Tohoku Earthquake and Tsunami (3-11) his work has started to focus more on the human aspect and the representation of memory. His work has been exhibited in the United States, Germany and throughout Japan. For the Kama City Residency Biennale Ryoichi Nakamura will create a series of panels, documenting lost and fading memories of the people that lived in Kama City, the history of the coal mines and the city’s future hopes.

04 / Dirk Smit
Design・Appliend Arts・Eindhoven / Nul Zes

Dirk Smit photo /by Anne Claire de Breij

Dirk Smit /photo by Anne Claire de Breij

ディルク・スミットは多分野で活躍するデザイナーであり、アイントホーフェン(オランダ)にある様々な国際的デザイナー、職人、プロデューサーの集団Nul Zesの協同設立者でもあります。
Dirk Smit is a multi-disciplinary designer and co-founder of NulZes in Eindhoven — a collective made up of various international designers, craftsmen and makers. He builds spaces and interiors, makes images and installations and organises events. More often than not, he realizes impossible ideas, creates bizarre installations and unexpected situations. For the Kama City Residency Biennale Dirk Smit will design and build a boat. This boat will be made by folding wood — in the same manner as a folded-paper boat. He sees this boat as a symbol for childhood memories, memories of lost family, and on the grandest scale as a symbol for the relation between The Netherlands and Japan. http://www.nulzes.info/

05 / Christine Maas Audio
Visual Art / Amsterdam

Christine Maas /photo by Anne Claire de Breij

Christine Maas /photo by Anne Claire de Breij

クリスティーヌ・マースは音楽及び音の空間性や知覚に関心を持つオーディオビジュアルアーティストです。彼女の作品は、オランダ各地(オランダ映画祭、VPROTVなど)及び国際舞台(CitySCREEN Barcelonaなど)で展示または上映されています。
Christine Maas is an audio-visual artist who’s work focuses on the spatiality and perception of music and sound. Her work has been exhibited and screened throughout the Netherlands (eg. Nederlands Film Festival, VPROTV amongst others) and internationally (citySCREEN Barcelona amongst others). For the Kama City Residency Biennale Anne Claire de Breij and Christine Maas will make a film tracing the effects of time and context on objects and sounds. As a photographer Anne Claire de Breij will focus on the visual aspects, and audio visual artist Christine Maas will create the score.

06 / Ann Claire de Breij
Photography / Amsterdam

Ann Claire de Breij /photo by Anne Claire de Breij

Ann Claire de Breij /photo by Anne Claire de Breij

アムステルダムを拠点とする写真家およびアーティストで、その作品はオランダ国内の様々なメディアに定期的に取り上げられています。また、フォーム写真美術館やハイスマルセイユ写真美術館などで彼女の作品が展示されています。2013年には写真集「Dutch Champions」が発売されました。
Anne Claire de Breij is an Amsterdam based photographer and artist who’s works appear regularly in various national media. Her work has been exhibited at Foam Museum and at Huis Marseille Amsterdam, amongst others. Her photobook Dutch Champions was released in 2013. For the Kama City Residency Biennale Anne Claire de Breij and Christine Maas will make a film tracing the effects of time and context on objects and sounds. As a photographer Anne Claire de Breij will focus on the visual aspects, and audio visual artist Christine Maas will create the score. http://anneclairedebreij.com/

 

07 / Kotaro Maetani 前谷康太郎
Video Art / Osaka

Kotaro Maetani /photo by Anne Claire de Breij

Kotaro Maetani /photo by Anne Claire de Breij

ビデオを用いた自然光のサンプリングを通して、映像言語の新しい語彙を探求しています。映像にとって、光はなくてはならないものですが、この二項の距離や関係性は固定されつつあり、いわば「あたりまえ」になってきているように思われます。この二項の境界をあいまいにしたり、関係を再構成したりするビデオインスタレーションを主に発表しています。
The concept of ‘focus’ is one of the most important elements in his works. Though videos and the other kinds of images are generally made up of “focused images”, cameras have larger range of light in the out-of-focus regions than in focused region. He strongly believes that the purity of light exists in this region. For the Kama City Residency Biennale, Kotaro Maetani will create various camera obscuras using Japanese Washi paper, capturing the special light in Kama City. He will also build a large wooden structure to house his immersive light installation.
https://www.flickr.com/photos/__ktr__mtn/

08 / Steven van Lummel
Fine Art / Den Haag

Steven van Lummel /photo by Anne Claire de Breij

Steven van Lummel /photo by Anne Claire de Breij

スティーブン・ファン・ルメルは多面的なアーティストです。過去10年間の彼の作品は、大きなソーシャルアートから壁面、葉書のイラストレーションまで様々です。その作品は世界的に展示されています。
Over the last decade, his work ranges from large social art works to murals and postcard illustrations. He is founder of PIP Den Haag (in The Hague), one of the foremost cultural platforms for art, music, dance and theatre in the Netherlands (based in the industrial heritage site of Bink36). His work has been exhibited internationally. For the Kama City Residency Biennale Steven van Lummel will create a series of woodblock prints combining his contemporary approach to illustration and traditional woodblock printing techniques.

09 Mami Motoyuki 元行まみ
Architecture・Urban Planning / Tokyo

Mami Motoyuki /photo by Anne Claire de Breij

Mami Motoyuki /photo by Anne Claire de Breij

東京のSHIBAURA HOUSEの研究者として建築とまちづくり専門研究員として活動しています。
Mami Motoyuki is a researcher by SHIBAURA HOUSE in Tokyo, and graduated from Kyoto University of Technology with focus on architecture, urban planning and performance. For the Kama City Residency Biennale Mami Motoyuki will create a series interviews documenting the ideas, hopes and aspirations for their city. http://www.shibaurahouse.jp/
※20名以上の団体には、団体料金が適用されます。
※以下の場合は入館料が免除されます。
療育手帳、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方が手帳を提示されたとき、及びその介護者1名。

  1. 年齢満65歳以上の方が、その年齢を確認できる証明書等を提示されたとき。
  2. 妊娠されている方が母子健康手帳を提示されたとき。
    (出生届出済証明に証明がある場合は適用されません)
  3. 土曜日に高校生以下の生徒・児童が入館する場合。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>