メカデザインFOR1/1 メカニックデザイナー大河原邦男

「機動戦士ガンダム」(C)創通・サンライズ

「機動戦士ガンダム」(C)創通・サンライズ

1960年代に誕生した日本のTVアニメは、その後急速な発展を遂げ、今日では日本を代表するメディア芸術の一つとなっています。なかでも重要な位置を占めているのが、いわゆるロボットアニメです。1970年代、『マジンガーZ』の放映を契機に、ロボットアニメの一大ブームが起こります。制作現場においては、作品中に登場するロボットなどのメカをデザインする“メカニックデザイナー”という専門職が誕生します。大河原邦男は、日本で初めて“メカデザイナー”として認知された人物です。デビューから40年。いまなお第一線で活躍するデザイナー、大河原邦男。九州発上陸となる本展では、『科学忍者隊ガッチャマン』『タイムボカンシリーズ』『機動戦士ガンダム』などの代表的作品の原画や設定資料、プラモデル・玩具を通じて紹介。メカデザインの魅力を体感いただけます。

「ヤッターマン」(C)タツノコプロ 読売テレビ 2008

「ヤッターマン」(C)タツノコプロ 読売テレビ 2008

展覧会チラシ のダウンロードはこちら→「メカニックデザイナー大河原邦男」チラシPDF

 

主催 嘉麻市教育委員会

後援  福岡県教育委員会、朝日新聞社、西日本新聞社、毎日新聞社、読売新聞西部本社

協力 株式会社角川書店「ガンダムエース」株式会社壽屋株式会社サンライズ株式会社シーエムズコーポレーション株式会社創通株式会社竜の子プロダクション株式会社バンダイ株式会社やまと読売テレビ(50音順)

企画協力 株式会社アドシステム

関連事業

  • 大河原邦男サイン会
    8月19日(日)10:00~11:30
    ※8月19日に物販コーナーで図録購入者先着100名に整理券を配布いたします。
  • 大河原邦男ギャラリートーク
    8月19日(日)13:00~14:30
    展覧会会場
    ※参加無料(ただし展覧会入館料が必要です。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>