お知らせ:展示会

「アートキッズ展」のための活動が始まりました。

 

6月4日から始まった教育普及事業「アートキッズ」には、嘉麻市の小学生20名が集まりました。夏の企画展「アートキッズ展」に向けて、オダビの中を探検したり、学芸員にお話をきいて、絵のカードゲームをしたり、いろんな活動を行っています。美術館職員も子どもたちの発言に気づかされることが多く勉強になります。子どもならではの視点、発想で作り上げる「アートキッズ展」、ぜひご覧ください。

 

▲アートキッズ第1回目の様子

アートキッズ展

時/7月29日(土)~10月1日(日)

料/美術館入館料が必要です

所/嘉麻市立織田廣喜美術館

問/所と同じ☎62-5173

 

8月の休館日

7日(月)、14日(月)21日(月)、28日(月)

 

春の特別公開。「夜と昼~対比から見る絵の世界~」

月とボタ山(2000年) 織田廣喜

春の特別公開。

春のコレクション展2017「夜と昼~対比から見る絵の世界~」

月とボタ山(2000年) 織田廣喜

月とボタ山(2000年) 織田廣喜

今年の春のコレクション展では、「夜と昼~対比から見る絵の世界~」と題して、絵と絵を対比して読み解く展覧会を開催します。市民のみなさんは美術館に織田廣喜以外のどんな作品が収蔵されているかをご存知ですか。普段はなかなか見られない織田廣喜以外の作品にも注目しながら、当館の秘蔵コレクションの数々を、この機会にお楽しみください。

会期:3月2日(木)~4月16日(日)

3月の休館日:1(水)、6(月)、13(月)、21(火)、27(月)

4月の休館日:3(月)10(月)17(月)18(火)24(月)

1年間の学びの成果を美術館で披露します。

美術館のある嘉麻市碓井地区では様々な文化団体が日頃から自主的な学習を通じて、交流と親睦を図り、お互いに学び合い、技術を高め合っています。今回1年間の文化活動の成果を紹介する「第19回琴平美術展覧会」を織田廣喜美術館で開催します。市民の皆様の作品をぜひお楽しみください。

日程:  2月18日(土)~2月26日(日)

時間:  9時30分~17時30分(入館は17時まで)※最終日は、16時で終了

※コーラスの発表は、2月25日(土)13時30分~

料金:この会場のみ無料

主催:嘉麻市文化協会碓井支部

共催:織田廣喜美術館

2月の休館日

6日(月)、13日(月)、20日(月)、27日(月)、28日(火)

第2回逸品もちより展情報更新しました。

今年最後で、新年最初の展覧会となる展覧会「Chikuhou Cutie Collection 描かれた乙女たち」の情報を更新しました。

 

 

3つの美術館の珠玉がそろい踏み

「花かざりの帽子」中山忠彦 直方谷尾美術館蔵
「花かざりの帽子」中山忠彦 直方谷尾美術館蔵

「花かざりの帽子」中山忠彦 直方谷尾美術館蔵

織田廣喜美術館、直方谷尾美術館、田川市美術館で構成する「筑豊美術館ネットワーク」が、それぞれの美術館自慢の所蔵品を持ち寄り、普段は同じ空間に並ぶことのない各美術館の所蔵作品を一堂に展示いたします。

第2回逸品もちより展
会期 12月10日(土)~1月29日(日)
会場 嘉麻市立織田廣喜美術館

石川えりこさんのサイン会を開催します。

石川えりこ

現在開催中の石川えりこ原画展の関連事業として、
石川えりこさんのサイン会を下記のとおり開催いたします。

日時 10月9日(日)、10日(月・祝)の両日14:00開
会場 美術館内サロン
定員 両日共に50名
料金 参加無料。(ただし整理券が必要)

※両日ともに、9:30より美術館受付において、石川えりこ関連書籍をお求めの方に整理券50枚を配布いたします。
※整理券は発行当日のみ有効となります。

今年もやります「県展筑豊展」

今年も織田廣喜美術館では、「県展筑豊展」を開催いたします。

福岡県の県展は歴史も古く、今やビッグネームとなった作家の中にも過去に県展に出品されていた方も多く、若手からベテランまで福岡県に在住・在勤・在学している方ならどなたでも出品できるので、年齢や派閥にとらわれない面白さがあります。

近年では高校生や大学生が最高賞を受賞するなど若手の台頭も目立っており、今年も筑豊地区から多くの入賞・入選者が出ております。

筑豊展では洋画、日本画、写真、デザイン、書の5部門の入賞作品、筑豊地区からの入選作品、筑豊地区の県美術協会員の作品を3期に分けて展示いたします。

 

デザイン部門県知事賞「MELT」山下美結

 

 

第1期 洋画 11月1日(火)~11月6日(日)

第2期 日本画・写真・デザイン 11月8日(火)~11月13日(日)

第3期 書 11月15日(火)~11月20日(日)

 

 

10月の休館日

3(月)、11(火)、12(水)、13(木)、17(月)、24(月)、31(月)

【更新情報】石川えりこ原画展ポスター、チラシを公開

石川えりこ原画展のサイトに同展のチラシ画像を更新しました。
またPDFデータにて、チラシをダウンロードいただけます。

石川えりこ原画展 あのころ

第12回嘉飯山の画家たち展のページを更新しました。

アートの窓からこんにちは2015年2月号

18thポスター

嘉麻市文化協会碓井支部に属し活動する団体と、織田廣喜美術館で開講している美術講座の受講生の活動の成果を紹介する合同展覧会を開催いたします。

参加団体は、

  1. 碓井水墨教室
  2. 碓井絵画同好会
  3. 木版画教室
  4. 碓井園芸クラブ
  5. 姫押し花の会
  6. 琴平陶芸サークル
  7. 琴平はがき絵の会
  8. 撮る観る遊ぶ(写真)
  9. みよちゃんパッチワーク教室
  10.  手芸サークルさくらんぼ
  11. 楽しく歌おう会(コーラス)

美術館で開講している

  1.  日本画教室
  2. ジュニア美術学科

です。
18回目を数える同展で、嘉麻市の文化活動の成果をお楽しみください。

 

第18回琴平美術展覧会
日時  2月20日(土)~2月28日(日)
9:30-17:30(入館は17:00まで)

※最終日は16:00で終了
※コーラスの発表は2月27日(土)14時~

  • 会場  織田廣喜美術館展示室5
  • 入場料  この会場のみ無料
  • 主催 嘉麻市文化協会碓井支部
  • 共催 嘉麻市教育委員会

 

2月の休館日

1(月)、8(月)、15(月)、22(月)、29(月)

 

前回の様子

後期写真講座作品展『冬の光景』開催のお知らせ

『冬の光景』をテーマとした後期写真講座作品展を嘉麻市立碓井図書館で開催します。

同講座(写真講座の様子)では、全8回の講座を通して、10名の受講生がカメラの基礎知識や撮影技術を学び、写真の魅力を体験する活動を行っています。

メンバー初のグループ展をご覧ください。

 ▲写真講座の様子

 ■後期写真講座作品展『冬の光景』■

・開催期間:平成27年1月23日(金)~2月22日(日)

・時間 :10:00~18:00(図書館開館時間に準ずる)

※日曜・祝日は17:00まで*月曜休館日

・内容 :後期写真講座受講生と講師の作品展示

・場所 :嘉麻市立碓井図書館(織田廣喜美術館隣)(リンク:嘉麻市立図書館

〒820-0502嘉麻市上臼井767

・観覧 :無料

・問合せ :嘉麻市立織田廣喜美術館

TEL0948-62-5173

展覧会の中止のお知らせ

展覧会リーフレットやホームページにてご案内していました下記展覧会は主催者の都合により中止となりましたのでお知らせいたします。

  1. 展覧会名称  木土藍楽展
  2. 展覧会会期9月3日(水)~9月7日(日)

以上

織田廣喜が描いた嘉穂劇場などを展示中

現在、織田廣喜美術館では常設展示の他に14点の織田廣喜コレクションを展示しています。

今回の展示作品は80号から300号までの油彩画です。

 

出品作品の「嘉穂劇場全景」は炭鉱景気に沸く筑豊黄金期の嘉穂劇場を安定感ある構図で描かれていて、背景の金色に輝く夜空が印象的です。またその内部の様子を舞台だけではなく、客席にまで注目して描いた「嘉穂劇場内桟敷」は、細部に描かれた観客や座布団を並べる係の姿などを読み取れます。

第2弾!ジュニア美術学科作品展のお知らせ

ジュニア美術学科は、小学校低学年を対象とした織田廣喜美術館主催の美術講座です。(第2弾!ジュニア美術学科1回目

今期は、講師の津田勝巳先生と美術館ボランティアさん達と一緒に、段ボールやティッシュペーパーなどの身近な材料を使った工作をみんなで体験しています。

ジュニア美術学科の講座内で制作された作品の1部である「宝の地図」を、嘉麻市碓井図書館ガラスケース内にて展示します。子どもたちのひらめきや夢が詰まった自由でのびのびとした作品を是非ご観覧ください。

 

 

概要

期間:平成26年1月24日(金)~2月26日(水)

時間:10:00~18:00(図書館開館時間に準ずる)※日・祝は17:00まで

*月曜休館日

内容:第2弾!ジュニア美術学科作品展示 テーマ「宝の地図をかこう」

場所:嘉麻市碓井図書館ガラスケース内(〒820-0502嘉麻市上臼井767)

問合せ:嘉麻市立織田廣喜美術館(℡0948-62-5173)

▲子どもたちの制作の様子

エコール・ド・チクホウ2 写真展「筑豊の作家たち」

EC2

林忠彦写真展の関連事業として、飯塚市の展示スペース『Key』にて「写真展 筑豊の作家たち」開催いたします。

「筑豊の作家たち」と題した本展は、筑豊に縁ある4名の写真家が、筑豊で活動する画家や陶芸家など16人の美術家を独自の視点で撮影した写真展となっています。

筑豊の作家に特化したこの企画は、昨年度から実施している筑豊美術館ネットワーク(田川市美術館・直方谷尾美術館・織田廣喜美術館)の事業「エコール・ド・チクホウ」との合同企画です。「エコール・ド・チクホウ」とは、20世紀前半、パリを拠点として各々の芸術を模索した画家たち“École de Paris”になぞり、筑豊の今を生きる作家たちを紹介することを目的としているものです。

今回の展覧会では作品では見えてこない作家のアトリエでの様子が窺い知ることができる写真展となっています。

 

撮影された作家
石原祥嗣、植木好正、大塚抱節、小川かおり、神崎東洋彦、
佐土嶋和美、佐土嶋文香、髙鍋  充、田代国浩、日賀野兼一、
藤本虎兵、松岡英明、毛利憲治、森田秀樹、吉田浩通、渡邊玲子

撮影した写真家
長野聡史、櫻木雅美、小林ゆう子、原田千寿

会期  10月5日(土)~11月24日(日)の土、日、月
11:00~17:00(但し11月24日は15:00まで)

会場  Key 〒820-0040 飯塚市吉原町7-9


大きな地図で見る
入場無料
主催   嘉麻市教育委員会・筑豊美術館ネットワーク

2013 県展筑豊巡回展

戦前からの歴史を誇り、本年で69回を数える福岡県美術展覧会は、県民から広く作品を公募し、その優れた成果を展示することで、創作意欲を高め、美術を通した豊かな生き方を支援しています。

1987年、旧山田市の市民センターを会場に洋画部門が展示され筑豊巡回展が初めて開催されました。その後会場をサルビアパークに移し日本画、写真、デザインの部門を加えます。昨年から織田廣喜美術館を第2会場とし書部門を新たに加え展示内容を充実させてきました。

本年からは会期を3つに分け、5部門全てを織田廣喜美術館にて展示いたします。

筑豊展では日本画、洋画、書、写真、デザインの部門の中から公募の部の入賞作品及び筑豊地区から出品された入選作品と会員の部の入賞作品及び筑豊地区から出品された作品を展示いたします。福岡県における美術活動の熱意と日々の精進の成果をご覧下さい。

カテゴリー: 展示会 | コメントする

ピンホールカメラ写真作品 web公開

Pinhole camera  exhibition  2013

Seven small photographers

space Key | 9.8 sun,2013

 

 

 

 

 

 

negative film

 

 

 

 

 

 

 

 

reversal film

 

 

—————————————————————————————————————-

 photo_ Ryoutarou Endou

 

 

photo_ Shion Kosai

 

 

photo_Rino Tsukamoto

 

photo_Umi Fujita

 

photo_Eito_Morizono

 

photo_Tsubaki_Morizono

 

photo_Hinata Fujita

Chikuhou女子カメラ写真展 開催中です!

現在開催中の「林忠彦写真展―日本の作家109人」関連事業として、筑豊地区で子育て中の女性を中心とした写真サークル【Chikuhou女子カメラ】の写真展が織田廣喜美術館サロン内にてはじまりました。

 

「タカラモノ‐わたしたちのタカラモノ、あつめました」と題された本展示では、メンバー19人の「宝物」の写真がずらりと飾られています。

女性ならでは、母親ならではの優しく温かな写真と、宝箱の中に入り込んだような楽しい展示空間をご堪能下さい。

Chikuhou女子カメラ写真展

「タカラモノ」 わたしたちのタカラモノ、あつめました

 

期間:平成25年9月13日(金)~9月25日(水)

※期間中の9月17日と9月24日は休館日

時間:9:30 ~17:30

場所:嘉麻市織田廣喜美術館  サロン   (〒820-0502嘉麻市上臼井767)

入場料:無料

協力:Chikuhou女子カメラ、カメラのキタムラ飯塚穂波店

 

96人一緒に描いたよ!(たしろさんといっしょ)

去る6月23日、「第11回嘉飯山の画家たち展」の関連事業として、出品作家で飯塚市在住の画家田代国浩さんを美術館にお迎えして大きな絵を描くイベント「たしろさんといっしょ」を開催しました。

当日の参加者は96人。

この96人でやることは10メートル(幅90センチ)の紙4幅の上に作家と一緒に絵を描いて描いて描きまくること!

それをやる上で守るルールは2つ

  1. 絵の具を飛ばさない。
  2. 人の描いた絵の上に描かない。

最初に田代さんが描いてみた。

クレヨンと絵の具を使って描いてみた。


それではみんなで描いてみよう!
美術館のお姉さんが給食のようにみんなの注文の絵の具をお皿に入れるよ。


さあ描いてみよう。

どんどん筆を動かして。


画家の人はどうやって描くのだろう?


青、黄、赤と好きな色で好きなように

僕らはどんどん描いてくよ。


使うのは筆だけじゃないんだ。


田代さんと向かい合って何を描いているのだろう。


どんどん画面が埋まっていくよ。


お互いの絵が響きあう。


同じ場所で同じ空気を吸いながら
同じ紙に絵を描いていく。


どんなものでも、どんな風に描いてもOK!
答えはないのだから。


ほぼみんなの絵で紙の上が絵で埋まってしまい、
後片付けもすんだ後も
田代さんはひとりでずっと描き続けていました。

完成した絵は26番目の嘉飯山の画家たち展出品者(嘉飯山の画家たち展は25人の出品者)として、美術館内の資料閲覧室にて6月29日(土)~7月28日(日)まで展示公開いたします。

どうぞお楽しみに。

第11回嘉飯山の画家たち展の印刷物解禁!

第11回嘉飯山の画家たち展の印刷物ができました。
本日より配布開始しています。

また展覧会のページでは、今回の出品作家などもご確認いただけます。

展覧会情報を更新しました

カテゴリー: 展示会 | コメントする

春のコレクション展の情報を更新しました。

明日3月7日より春のコレクション展が開幕します。
このことにに伴い出品作品画像などを更新しました。


春のコレクション展

カテゴリー: 展示会 | コメントする

第7回小学校児童画展嘉麻市展の情報を更新しました。

昨日展示作業が終わり特選入賞作品画像などを掲示しました。

第7回小学校児童画展嘉麻市展

第15回琴平美術展覧会情報を更新しました。

以下のサイトでご覧いただけます。

織田廣喜追悼展の印刷物をアップしました。

PDFはこちらからダウンロードできます。→織田廣喜追悼展 Requiem for Hiroki Odaフライヤー

『メカニックデザイナー大河原邦男』関連事業を更新しました。

展覧会の準備も着々と進んできています「メカデザインFOR1/1 メカニックデザイナー大河原邦男
同展の関連事業の内容も展覧会ホームページで公開いたしました。
大河原先生の来場イベントもありますのでどうぞお楽しみに!

メカデザインFOR1/1 メカニックデザイナー大河原邦男

カテゴリー: 展示会 | コメントする

嘉飯山の画家たち展  関連ワークショップ

 

ただ今、開催しております『嘉飯山の画家たち展』では、教育普及活動の一環として、「出張美術館」と題して市内の小学校に訪問、また実際に美術館に足を運んでもらって鑑賞授業を行いました。

 

鑑賞した作品について、子どもたち目線で疑問を抱いた絵や、好きだなと思う絵を見つけてもらい、実際に嘉飯山の画家たち展に出品されている方々へ手紙を書きました。

 

本展覧会開催中、エントランスホールにて、『子どもたちから画家さんへのお手紙』『小学校のみんなへ 画家さんからのお返事』、また、授業の様子などを掲示しております。

 

子どもたちの率直な意見や感想をみて、また本展覧会を鑑賞してみてはいかがでしょうか?

 

☆ 鑑賞授業の様子 ☆

 

 

出張美術館参加校:千手小学校・足白小学校

 

 

 

鑑賞授業参加校:碓井小学校・熊ケ畑小学校・泉河内小学校

 

 

 

≪嘉飯山の画家たち展~子どもたちの手紙・画家さんからのお返事≫

掲示期間:平成24年7月6日(金)~7月29日(日)

掲示場所:織田廣喜美術館エントランスホール

カテゴリー: 展示会 | コメントする

「メカニックデザイナー大河原邦男」印刷物解禁


お待たせいたしました。間もなく「メカデザインFOR1/1メカニックデザイナー大河原邦男」のチラシの配布を開始いたします。
チラシ両面で展覧会の魅力の全てをお伝えするには限界があるのですが、出品予定作品を紙面の許す限り紹介しています。
また大河原先生を会場にお迎えしてのサイン会やギャラリートーク、ワークショップや上映会の情報も満載!各所で見かけたら即ゲットです。
お手元に届くのをどうぞお楽しみに。
PDF版チラシ

カテゴリー: 展示会 | コメントする

「第10回嘉飯山の画家たち展」出品者のサイトを追加

4名ですが出品作家の方のサイトを紹介します。
それぞれの活動が垣間見えますよ~!

第10回嘉飯山の画家たち展 

カテゴリー: 展示会 | コメントする

第10回嘉飯山の画家たち展のチラシを公開!

嘉飯山の画家たち展の印刷物を公開いたしました。

こちらのページからPDF版をご覧いただけます。
第10回嘉飯山の画家たち展

カテゴリー: 展示会 | コメントする