嘉麻市

文字サイズ

  • 大きくする
  • 標準サイズ
  • 小さくする
  1. HOME
  2. 暮らしの情報
  3. 健康・検診・医療
  4. 予防接種
  5. 子宮頸がん予防ワクチン接種について
  1. HOME
  2. 妊娠・出産・子育て
  3. 健診・予防接種
  4. 子宮頸がん予防ワクチン接種について
子宮頸がん予防ワクチン接種について   
【子宮頸がん(しきゅうけいがん)予防ワクチン】

 子宮頸がん予防ワクチン(ヒトパピローマウイルス感染症ワクチン)については、平成25年度から定期の予防接種となりましたが、ワクチン接種後に、ワクチンとの因果関係を否定できない持続的な痛みが特異的に見られたことから、厚生労働省は、平成25年6月14日子宮頸がんワクチンの接種の積極的な勧奨の差し控えを勧告しました。

 !!嘉麻市では、子宮頸がん予防ワクチン接種を積極的にお勧めしておりません。

  詳しくは、下記添付ファイル@の厚生労働省作成リーフレット「子宮頸がん予防ワクチンの接種を受ける皆さまへ(平成25年6月版)(PDF ファイル:260.7KB)」をご覧ください。


【ワクチンを受けた後に気になる症状が出た方へ】

 接種に係る過失の有無にかかわらず、予防接種と健康被害との因果関係が認定された方を救済する制度があります。

  詳しくは下記添付ファイルA-1〜A-4をご参照ください。
  A-1 「ヒトパピローマウイルス感染症の定期接種に関するリーフレットについて」(事務連絡)(PDF ファイル:67.3KB)
  A-2 別添1 被接種向けリーフレット(PDF ファイル:2876.2KB)
  A-3 別添2 保護者向けリーフレット(PDF ファイル:2237.5KB)
  A-4 別添3 医療従事者向けリーフレット(PDF ファイル:104.2KB)

○平成25年4月1日以降に接種した方(定期接種)
 [予防接種後健康被害救済制度]
  予防接種法に基づく予防接種を受けた方に健康被害が生じた場合、その健康被害が接種によるものであると厚生労働大臣が認定したときは、給付を受けることができます。申請に必要な手続き等については、嘉麻市子育て支援課母子保健係にご相談ください。
  ◇嘉麻市子育て支援課母子保健係
   電話番号 0948-53-1104

 健康被害救済制度については添付ファイルBリーフレット「ご存じですか?予防接種後健康被害救済制度」(PDF ファイル:872.4KB)をご覧ください。
 (参考)厚生労働省 予防接種健康被害救済制度 (厚生労働省ホームページ

○平成25年3月31日までに接種した方及び平成25年4月1日以降に接種した定期接種対象年齢以外の方
  [医薬品副作用被害救済制度]
  ワクチン接種後に何らかの症状が生じ、医療機関を受診した方は、接種との関連性が認定されると、医療費・医療手当が支給される場合があります。認定を受けるためには、独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)に給付の請求をする必要がありますが、支給対象となるのは、請求した日から遡って5年以内に受けた医療に限られていますので、至急請求いただきますようお願いいたします。
  また、PMDAは、給付の請求があった健康被害について、その健康被害が医薬品等の副作用によるものかどうか、医薬品等が適正に使用されたかどうか等の医学・薬学的な判定の申し出を厚生労働大臣に行い、厚生労働大臣はPMDAからの判定の申し出に応じ、薬事・食品衛生審議会(副作用・感染等被害判定部会)に意見を聴いて判定することとされています。詳しくは、PMDA救済制度相談窓口または嘉麻市子育て支援課母子保健係にご連絡ください。

 ◇医薬品医療機器総合機構(PMDA) 救済制度相談窓口
  電話番号 0120-149-931
  受付日時 月曜日〜金曜日 午前9時〜午後5時
  (土日、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)を除く。)
 ◇嘉麻市子育て支援課母子保健係
  電話番号 0948-53-1104

 (参考)医薬品副作用被害救済制度:PMDA(医薬品医療機器総合機構)(新しいウインドウで開きます)


【相談窓口について】

 子宮頸がん予防ワクチン接種後に症状が生じた方に対する相談窓口が福岡県に設置されています。各種相談窓口は以下のとおりです。

○ 医療、予防接種後健康被害救済制度等の概要に関する一般的な相談
  福岡県保健医療介護部がん感染症疾病対策課 (電話)092-643-3268
○ 県内での学校生活に関する相談
  福岡県教育振興部体育スポーツ健康課 (電話)092-643-3922

*子宮頸がんワクチンについて(福岡県ホームページ

 〔子宮頸がん検診について〕

  子宮頸がんは、女性の命はもちろんのこと、妊娠や出産の可能性まで奪ってしまう、生活や人生に大きな影響を及ぼす病気ですが、定期的な検診によって「がん」になる前に発見できる病気でもあります。検診そのものはわずか5分程度で終わります。あなたの命と子宮を守るため、20歳を過ぎたら、たとえ症状がなくても検診を欠かさずに受けましょう。

添付ファイル
@子宮頸がん予防ワクチンの接種を受ける皆さまへ(平成25年6月版).pdfを開く,又は保存する @子宮頸がん予防ワクチンの接種を受ける皆さまへ(平成25年6月版).pdf
(PDF ファイル:260.7KB)
A-1ヒトパピローマウイルス感染症の定期接種に関するリーフレットについて(事務連絡).pdfを開く,又は保存する A-1ヒトパピローマウイルス感染症の定期接種に関するリーフレットについて(事務連絡).pdf
(PDF ファイル:67.3KB)
A-2*別添1 被接種者向けリーフレット.pdfを開く,又は保存する A-2*別添1 被接種者向けリーフレット.pdf
(PDF ファイル:2876.2KB)
A-3*別添2 保護者向けリーフレット.pdfを開く,又は保存する A-3*別添2 保護者向けリーフレット.pdf
(PDF ファイル:2237.5KB)
A-4*別添3 医療従事者向けリーフレット.pdfを開く,又は保存する A-4*別添3 医療従事者向けリーフレット.pdf
(PDF ファイル:104.2KB)
B予防接種後健康被害救済制度.pdfを開く,又は保存する B予防接種後健康被害救済制度.pdf
(PDF ファイル:872.4KB)


このページに関するお問い合わせ

発行部署:子育て支援課/母子保健係

山田庁舎 〒821-8501 福岡県嘉麻市上山田392番地

電話番号:0948-53-1104

お問い合わせフォーム

  • AcrobatReaderPDFファイルをご覧になるには、Acrobat Readerが必要となります。
    お持ちでない方は、下のアイコンをクリックしてAdobe社のサイトからダウンロードしてください。