嘉麻市

文字サイズ

  • 大きくする
  • 標準サイズ
  • 小さくする
 
沖出古墳   
沖出古墳
 古墳は、遠賀川に向かって延びる標高約40mの丘陵の先端部分を利用して造られています。
 墳丘は全長約68m、前方部が2段、後円部が3段の構造で、斜面には石が葺かれています。
 墳丘上には壺形・円筒・朝顔形・家形の埴輪が立てられ、後円部には、埋葬施設となる竪穴式石室に、割竹形石棺が納められていました。
 古墳からは、三種類の腕輪形石製品(鍬形石・車輪石・石釧)や「船」の絵が線刻された埴輪などが出土しました。
 出土品などから古墳は4世紀末頃に造られたと考えられています。


このページに関するお問い合わせ

発行部署:生涯学習課/文化財係

嘉穂庁舎 〒820-0392 福岡県嘉麻市大隈町733番地

電話番号:0948-57-3176

お問い合わせフォーム

アンケート(回答をご希望の場合はお問い合わせフォームから送信してください)

質問:性別を教えてください。
質問:年齢はおいくつですか?
質問:このページは、見つけやすかったですか?
質問:このページの内容は、わかりやすかったですか?
質問:このページの情報は、役にたちましたか?
質問:このページに関して、ご意見などがありましたら、ご記入ください

フォーム送信