嘉麻市

文字サイズ

  • 大きくする
  • 標準サイズ
  • 小さくする
 
山野の石像群   
山野石像群
 若八幡神社の向側にある祇園社(須賀神社)裏の一段高い丘に、石像が350体ほどあり、地元で「五百羅漢」と呼ばれています。
 大形の仁王像をはじめ、石像は子守り姿、荷を背負う姿など様々です。
 また、泣いたり笑ったりと表情も豊かで、見る人の心を和ませてくれます。
 山野地区は昔、宇佐八幡宮の神領だったので、豊前の「五百羅漢」にならって置かれたのではないかと考えられています。
 これらの石像群は、文永8年(1271)に妙道という僧侶が、石像を祀ったことが始まりといわれており、現在も信仰の対象となっています。


このページに関するお問い合わせ

発行部署:生涯学習課/文化財係

嘉穂庁舎 〒820-0392 福岡県嘉麻市大隈町733番地

電話番号:0948-57-3176

お問い合わせフォーム

アンケート(回答をご希望の場合はお問い合わせフォームから送信してください)

質問:性別を教えてください。
質問:年齢はおいくつですか?
質問:このページは、見つけやすかったですか?
質問:このページの内容は、わかりやすかったですか?
質問:このページの情報は、役にたちましたか?
質問:このページに関して、ご意見などがありましたら、ご記入ください

フォーム送信