嘉麻市

文字サイズ

  • 大きくする
  • 標準サイズ
  • 小さくする
  1. HOME
  2. 学びの情報
  3. 歴史・文化遺産
  4. 指定文化財
  5. 石造三重塔  附 阿弥陀如来石仏、十一面観音石仏
 
石造三重塔  附 阿弥陀如来石仏、十一面観音石仏   
正平塔・石仏
 平地区の熊野神社の横手に正平8年(1353)の年号が刻まれた石塔1基と石仏2基が祀られ、それぞれ「正平塔」、「正平仏」と呼ばれています。
 「正平」とは南北朝時代の南朝側の年号で、この地域が南朝側に組していたことがうかがえます。
 「正平塔」は砂岩製の三重の石塔で、頂部には宝珠が載っていますが、もとは相輪だったと考えられます。
 また、「正平仏」は、阿弥陀如来坐像を浮彫にしたものと十一面観音立像を浅く彫り込んだものがあります。
 これらは、熊野神社を再建した時の奉納物で、元は神社の境内にあったことが分かっています。


このページに関するお問い合わせ

発行部署:生涯学習課/文化財係

嘉穂庁舎 〒820-0392 福岡県嘉麻市大隈町733番地

電話番号:0948-57-3176

お問い合わせフォーム

アンケート(回答をご希望の場合はお問い合わせフォームから送信してください)

質問:性別を教えてください。
質問:年齢はおいくつですか?
質問:このページは、見つけやすかったですか?
質問:このページの内容は、わかりやすかったですか?
質問:このページの情報は、役にたちましたか?
質問:このページに関して、ご意見などがありましたら、ご記入ください

フォーム送信