嘉麻市

文字サイズ

  • 大きくする
  • 標準サイズ
  • 小さくする
 
三郎丸の大樟   
 三郎丸の大樟  空に向かって、青々と枝葉をしげらせる太い幹、古い石碑を抱え込むように伸びた巨大な根。口春・三郎丸の大樟の木は、一説に樹齢千年を越えるといわれています。
 口春に、人が定住し始めたのは弥生時代のことです。当時、一帯は、うっそうとした原生林だったとか。
 時代が進むに連れ、森は切り拓かれたものの、この樟の木だけは残されました。
 
 
  やがて、大樟の下に観音堂が建立され、御神木としてあがめられました。周囲の石垣や石碑は、江戸時代・明暦年間(1655-57)のものです。当時、庄屋役の古江八右衛門とその娘むこが、村人にはかり、石垣を築き、その上に石碑を建立しました。
 ところで、この三郎丸の大樟には、かっぱ伝説が残っています。この木に縛りつけられた、いたずらもののかっぱが、村人の情けで放されたのちも、樟の根もとを掘って、枯らそうとしたとか…。どっしりとした枝ぶりを眺めていると、この由緒ある伝説が、つくり話には思えなくなります。
 
         
 三郎丸の大樟の石碑       
 ▲三郎丸の大樟の石碑       

このページに関するお問い合わせ

発行部署:産業振興課/観光PR係

嘉穂庁舎 〒820-0392 福岡県嘉麻市大隈町733番地

電話番号:0948-57-3154

お問い合わせフォーム

アンケート(回答をご希望の場合はお問い合わせフォームから送信してください)

質問:性別を教えてください。
質問:年齢はおいくつですか?
質問:このページは、見つけやすかったですか?
質問:このページの内容は、わかりやすかったですか?
質問:このページの情報は、役にたちましたか?
質問:このページに関して、ご意見などがありましたら、ご記入ください

フォーム送信