嘉麻市

文字サイズ

  • 大きくする
  • 標準サイズ
  • 小さくする
  1. HOME
  2. 市の情報
  3. 地域活性推進課
  4. 公共交通関連
  5. 公共交通関連のお知らせ
 
公共交通関連のお知らせ   
嘉麻市総合バスステーションの愛称が決定しました
 
嘉麻市総合バスステーションの愛称募集について
 令和元年10月供用開始予定のバスステーションが、たくさんの方々に愛着を持って利用していただけるように、平成31年4月26日(金)から令和元年5月27日(月)までの期間において嘉麻市総合バスステーションの愛称を募集しました。
 507通の一般応募の中、「バスステーションの特徴やコンセプトがイメージできるもの」、「覚えやすく親しみやすく、かつ印象に残るもの」などを基準に選考を行い、以下の愛称に決定しました。

嘉麻市総合バスステーション 愛称
『バス来る嘉麻』

愛称命名者(氏名五十音順)
 伊藤 新 様(市内在住)
 内河 裕信 様(市外在住)
 大井田 雄策 様(市外在住)
 松原 一郎 様(市外在住)
 保岡 直樹 様(市外在住)
 他1名(市外在住)
※6名の方から同一愛称の応募がありました。

愛称の理由
◆バスとサイクル(循環)の造語。「バスが来る 嘉麻市をくるりと ひとまわり」嘉麻市内を市バスと西鉄バスが循環し、市民の大切な移動手段を確保する場所であり、高齢者や生徒が安心して安全に利用できる場所になってほしい。

◆バスの「バス」と、来るの「クル」を組み合わせ、多くのバスが来る、市民に親しまれる嘉麻市の総合バスステーションを思い浮かべ、名付けました。

◆バスに、バスが来るを組み合わせ、嘉麻市の「カマ」をつなげました。バスコ・ダ・ガマもイメージしています。

◆「バス」と「クル(来る)」の名称です。バスステーションで待つ市民の皆様のもとにバスが来るという意味があります。高齢者から子どもまで、誰もが覚えやすく、総合バスステーションらしい響きとしました。

◆「バスが来る」「人と街をくるりと結ぶバス」という意味をこめました。

◆バスクル=「バス」+「来る」より。市民待望の嘉麻市総合バスステーションを、便利、快適、笑顔、交流、好環境をキーワードに、末永く愛されるよう、親しみやすく命名いたしました。


嘉麻市バス乗換情報がスマホアプリ(タブレットアプリ)で検索できるようになりました
 嘉麻市バス乗換情報が以下のスマホアプリ(タブレットアプリ)で検索できるようになりました。ぜひご利用ください。

・駅すぱあと
・Y!(ヤフー)乗換案内




このページに関するお問い合わせ

発行部署:地域活性推進課/地域活性推進係

碓井庁舎 〒820-0592 福岡県嘉麻市上臼井446番地1

電話番号:0948-62-5677

お問い合わせフォーム

アンケート(回答をご希望の場合はお問い合わせフォームから送信してください)

質問:性別を教えてください。
質問:年齢はおいくつですか?
質問:このページは、見つけやすかったですか?
質問:このページの内容は、わかりやすかったですか?
質問:このページの情報は、役にたちましたか?
質問:このページに関して、ご意見などがありましたら、ご記入ください

フォーム送信