嘉麻市

文字サイズ

  • 大きくする
  • 標準サイズ
  • 小さくする
  1. HOME
  2. 暮らしの情報
  3. 健康・検診
  4. 予防接種
  5. 日本脳炎ワクチンの供給不足について
  1. HOME
  2. 妊娠・出産・子育て
  3. 健診・予防接種
  4. 日本脳炎ワクチンの供給不足について
 
日本脳炎ワクチンの供給不足について   
〇日本脳炎ワクチン供給不足に伴う対応について
平成28年度熊本地震による工場の被災により日本脳炎ワクチンの供給が不足し、現在医療機関でのワクチンの供給がおよそ必要数の5〜7割にとどまっています。ワクチンの供給が回復するまでお待ちいただくことがありますので、ご理解とご協力のほどよろしくお願い申し上げます。
なお、供給の回復は平成30年1月頃と見込まれています。医師が緊急に、接種が必要と認めた場合にはこの限りではありませんので、かかりつけ医にご相談ください。

〇医療機関ではワクチンの入荷状況によりますが、下記1、2の方を出来るだけ優先的に接種しています。
1.未接種または1回しか接種を受けていない人
2.定期接種として受けられる年齢の上限が近づいている人(標準接種期間は、1期3回が3歳から7歳6か月まで、2期が9歳から13歳の誕生日の前日までです。平成7年4月2日から平成19年4月1日生まれの方は20歳の誕生日前日までが公費接種対象です。)
2回あるいは3回接種が済んでいる人はワクチン供給が安定供給された時に残りの回数を確実に接種して下さい。
予防接種を受けられる際は、必ず事前に接種医療機関に電話で確認をするようお願いいたします。

〇日本脳炎にかからないための注意点
予防の中心は、ウイルスを持つ蚊(コダカアカイエカ)の対策とワクチンの接種になります。蚊に刺されない工夫が必要です。日本脳炎の感染リスクは、西日本地域の豚の多い場所や水田・沼地の農村部で高いと考えられます。コダカアカイエカは日没後に活動が活発になります。なお、日本脳炎ウイルスは人から人へは感染しません。
・夏季、なるべく夜間の外出を控える。
・戸外へ出かける必要があるときは、出来る限り長袖・長ズボンを身に着ける。
・露出している皮膚へ虫よけスプレーなどを使用する。
・蚊が屋内に侵入しないように網戸を使用する。
・夜間の窓や戸の開閉を少なくする。
(日本脳炎ワクチン接種に係るQ&A;厚生労働省平成28年3月改定版より)

このページに関するお問い合わせ

発行部署:健康課/母子保健係

山田庁舎 〒821-8501 福岡県嘉麻市上山田392番地

電話番号:0948-53-1104

お問い合わせフォーム

アンケート(回答をご希望の場合はお問い合わせフォームから送信してください)

質問:性別を教えてください。
質問:年齢はおいくつですか?
質問:このページは、見つけやすかったですか?
質問:このページの内容は、わかりやすかったですか?
質問:このページの情報は、役にたちましたか?
質問:このページに関して、ご意見などがありましたら、ご記入ください

フォーム送信